Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何とか生きてます・・・

カテゴリ : 日記
何とか生きてるよ~~~~~

と、とりあえず生存報告。

いや、今むっちゃ忙しいねん。
朝は6時前に家を出て、返りは午前様、ってことも結構あるし。
熱中症になりかけてへろへろだし。

っていう状況ではありますけれど?(汁)

とりあえず生きてます。

ああ、放置しっぱなしのストライクちーぐるが……(トオイメ

日記:なんとか生きてます

カテゴリ : 日記
一ヶ月ぶりです。
何とか生きてます。

……リアルが全然充実していません。

忙しすぎだっちゅーの……orz

日記:ホビーショップ「レインボーテン」に行ってきた

カテゴリ : 日記
2月16日に全職を退社。
翌週の26日に父が入院。で、4月26日に無事父が退院しました。

で、その間、名古屋と静岡を行ったり来たりしたり、親族に不幸があったり、緊急家族会議を開いたりと、いろいろとありまして。
このたび、まぁきの拠点を静岡市清水区の実家に移すことになりました。

で、とりあえず、春・夏物の衣類とノーパソ、身分証明書やらPCの中身を移したHDDやらとりあえず週克に必要と思われる書類やらなにやらを名古屋から実家に移して、とりあえず腰を据える準備ができたのが昨日。
その間、名古屋と静岡を行ったり来たりしたり、父の身の回りの世話やら実家の用事やらをしてバタバタしていました。

まだ住民票を移したり、名古屋の部屋を引き払ったりなどは出来ていないので、まだ完全には落ち着いてはいませんが、とりあえずは一段落、ということで、ブログ再開です。

という近況報告をしたところで。

本日、実家から自転車で20分ほど行ったところにあるホビーショップ、「レインボーテン」に行ってきました。
何しろ、サブカルチャー的に未開の地である静岡。
昔ほど活気があるわけでもなく、就職だって一苦労ではありますが、なにはともあれ、比較的近所でまぁきを満足させるホビーショップの開拓は就職と同じくらいまぁき的には急務。
地元には清水模型センターというところがあるんですが、ここが去年からラジコン飛行機専門店になってしまったため、そこそこの規模のホビーショップが近くにないと、趣味が充実しないなぁ、と考えていたところでした。

で、ネットでいろいろ検索していたら、自転車で30分圏内に1軒、見つけました。
それがホビーショップ「レインボーテン」

ネットでの評判も良かったので、早速行ってみました。

以前はタミヤの横にあったというこのお店。
移転してからさほど時間が経っていない、とのことでしたが。
なかなかどうして、かなり広い店舗に、所狭しとキットの山。
キャラクターモデル、エアモデル、AFV、艦船模型、カーモデルと一通りそろっています。
メーカーも有名どころはしっかり押さえてあって、それでいて、雑然とした雰囲気ではなく、かなり整然としていて、商品が分かりやすく並べてあります。

また、工具やマテリアル類、塗料も充実していて、まさにかゆい所に手が届く品揃えで、まぁきは充分満足です。

このお店の社長である望月さんとお話しする機会があったので、がっつりお話しさせていただきました!

レインボーテン社長
※ご本人の許可を得て掲載しています。
レインボーテンの社長
望月仁さん
プラモデルは気軽に個々人で楽しんで作ってもらいたい、と仰っていました。まぁきも同意見です。お客様に対して、どんなことでも丁寧に対応している姿はとても好感が持てました。
お忙しい中、楽しいお話をありがとうございました。
また、ブログ掲載も快く応じて頂き、ありがとうございます。
今後、ちょくちょくお店に寄らせていただきますね。
レインボーテンのHPを見る


完成品も展示してくださるとのこと。移転間の店舗に比べたらフロア面積が小さくなったため、さほど展示スペースを確保できない、と仰っていましたが、まだ移転したばかり、とのことで、展示スペースに空きはありそう。
まぁきも作品を展示させてもらえるように早くキットを組みたいです!

日記:静岡ホビーショー

カテゴリ : 日記
今日から一般公開されている第52回静岡ホビーショーに行ってきました!

ホビーショーなんて実に20数年ぶりなので、ほとんど初めて行くのと変わらない感覚です。
わくわくしながら行ってきました!

で、とりあえず、メーカー出展ブースでは、いろいろ収穫があったのですが、個人的には、ハセガワ、バンダイがメインでした。
各社とも力が入った新作が多かったわけですが。
まぁき的にはハセガワ1/72VF-25の進行具合とバンダイ1/72VF-1Sのテストショットが一番の目的。
というわけで写真を撮ってきました。
ハセガワ新作
ハセガワのバルキリーの新作は、すでに模型誌で発表済みのVF-1Jの30周年記念モデルとVE-11早期警戒型サンダーシーカーの完成展示品がお目見え。
VF-25はようやくCAD図面が上がったところでした。
たまたまハセガワの広報の方とお話できましたが、当初は今年の夏ごろお目見えの予定だったのが、秋ごろまでずれこんだそうで。
ただ、パーツ点数は極力抑えて、組み立てやすさを前面に押し出した形になるとか。
けっこう期待が高まります。

バンダイVF-1S
次いで、バンダイブース。
目的のVF-1Sはやはりテストショットが上がっていました。
あくまでテストショットなので、展示用完成品も、パーツの合いがまだまだ、といった感じでしたが、この辺は製品版に向けて、調整が行われるそうです(当たり前)
このキットの目玉といえる、脚部接続ギミックも、目の前で解説して頂きましたが、結構変形が繊細な感じでした。
プロポーションは、最初は「上半身が幅広い感じでバランス悪いかなぁ?」と思いましたが、見ているうちに、「これもありだな」とwww
意外と、ノーマルよりもスーパーパック装備のほうがバランス取れててかっこよかったです。
ただ、手首、および足首の可動ギミックがちょっとバランスを崩している感じがしたかな?
そうそう。
ファイター形態、およびガウォーク形態がかなりかっこいい!
これは各形態+スーパーパック装備バトロイド形態の4つは買わないと、かな?w
ちなみに、解説のお兄さんに、今後どんなバリエーションを希望しますか?と聞かれたので、ミンメイ・ガード仕様とエンジェルバード仕様、マスターファイルに掲載されているスコードロンのデカールセットと答えておきましたwww

それ以外に注目したキットは、アナベル・ガトー専用のMGの高機動型ザクIIおよび、HGUCのゲルググのテストショットがありました。
MS-06-1A ガトー専用高軌道型ザクII
ガトー専用ゲルググ

それ以外にも、MGガンダムver3.0のテストショットもありました。
MGガンダムver3.0
しかも、かなり大々的にプロモーションしていました。
デザインが1/1、もしくはRGになっているのも、あくまで最新のデザイン=世間で認知されているガンダムのデザイン(つまりは最大公約数)というだけで、1/1ガンダムのMG化、とかRGガンダムのMG化、というわけではない、とコンパニオンのおねーちゃんは力説していました。
ver3.0のメインコンセプトは、現時点でのバンダイの技術の集大成であるνガンダムVer.KaをRX-78に落とし込んだらどうなるか、という所だとか。
外装にそれぞれ可動ギミックを仕込むことで、色分け部分とパネルラインに意味を持たせ、「どうしてこういう色分けになっているのか」という部分をシステマチックに構築したとか。
パーツ点数はver2.0に比べるとおよそ1.3~1.5倍ほどに増えているにもかかわらず、価格も+300円に抑えられているのがすごいところですね。

これ以外ではファインモールドのブースで気になるものを見つけました。
4x4トラック
その名も、「1/20 アメリカ陸軍1/4トン4x4トラック」!!
ガールズ&パンツァー公式の痛車です!
6月下旬発売予定4,725円。これは買うしかないでしょうw
そして、まさにその実車もすぐ横に展示されていました!
アメリカ軍ウィリスMB
いやね、これはもう、キットでは再現されていないところやディテールが甘いところは写真に撮っておくしかないでしょう!ということで、50枚近く実車を撮りまくりましたよ!
キットが発売されたら、これらを参考にしたいなぁ

このほかにも、プラッツでは1/35のレジンキットですが、ガルパンのフィギュアの告知もありました。
詳細はコチラ(マスターファイルブログより)

というわけで、企業ブースでした。

モデラーズクラブの感想はまた今度~

日記:生存確認

カテゴリ : 日記
おひさしぶりです。
只今絶賛、求職中です(苦笑)

ちなみに、パソコン教室や専門学校を中心に求職活動をしています。
ただ、一日ずっと暇してるわけにもいかないので、スーパーのバイトを始めました。
夕方から閉店までの5時間ですが、昼間あいているので、昼間できるバイトを探しながら、暇な時にはアニメのDVDを焼いている日々です(苦笑)

とりあえず最低でも月15万、できれば25万は稼ぎたいところではありますが……なかなかどうして。

名古屋にある荷物を引き払うだけの余裕がないと、住んでもいない部屋に家賃を払い続けることに……;;
なんとかせねばー!と気ばかり焦る日々です。

とりあえず生きています、ということで、ひとつ。

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。