Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/97-a8a772a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アニメレビュー:ロウきゅーぶ! 第11話「五人の架け橋」

カテゴリ : ロウきゅーぶ!
いよいよクライマックスに向けて、話が盛り上がってきた、ロウきゅーぶ! 第11話を視聴しました。
今回は原作4巻中盤から終盤にかけてを消化していますが。
ある意味、慧心女史バスケットボール部にとって転換期となる重要なエピソードでもあります。

ということで、以下ネタバレです。



ro-kyu-bu-11-001.jpg
さて。前科イラストで部員不足によることで公式試合に出場することが出来ないと知った真帆が、合同練習をボイコットしたところで終わっていますが。
今回はまさにその続きから。
真帆不在のまま合同練習を行った慧心女史バスケットボール部。
練習後、昴が真帆を追いかけようとしますが、ソレより早く、紗季が真帆を追いかけます。

ro-kyu-bu-11-002.jpg
で、河原でふてくされている真帆に、紗季は少々きつめに声をかけるのでした。

ro-kyu-bu-11-003.jpg
一方、真帆を紗季に任せた昴は、麻奈佳とバスケやコーチについて思いを語り合います。
そして、「今のバスケを楽しむ」事の重要さを再認識するのでした。

ro-kyu-bu-11-004.jpg
一方の真帆と紗季ですが。
紗季は真帆に、「今までのバスケは楽しくなかったのか?」と問いかけます。
真帆は「楽しいに決まってる。でも、男バスとの試合や球技大会の時みたいな『よっしゃー』って気分を味わいたかった」と心中を吐露。
で、いつの間にか、真帆は紗季とバスケで決闘をすることになりました。

ro-kyu-bu-11-005.jpg
で、気合い充分の紗季と真帆が、昴の元にきて、これから決闘することを伝えます。

ro-kyu-bu-11-006.jpg
そして始まった真帆と紗季の1on1。

ro-kyu-bu-11-007.jpg
真帆を心配していた智花、愛莉、ひなたの3人も、この急展開に少々戸惑い気味。

ro-kyu-bu-11-008.jpg
しかし、いつの間にか、真帆と紗季の1on1が、女バスメンバー全員での勝負となっていました。
何とかみんなのモチベーションが戻ってきたことに安堵する昴と葵です。

ro-kyu-bu-11-009.jpg
そして、これからもよろしく、と新たな気持ちを宣言する昴たち。
青春していますねー

ro-kyu-bu-11-010.jpg
今回のアイキャッチは愛莉。パッと見裸エプロンですが、ちゃんと水着は着用していますw

ro-kyu-bu-11-011.jpg
そして、昴は女バスメンバーのために、レギュラーとの試合を実現すべく初恵女史に掛け合います。

ro-kyu-bu-11-012.jpg
が、試合前の大事な時期に、レギュラーと練習試合なんて出来ない、と一笑に付す初恵女史。
しかし、昴も引き下がりません。「勝つのは大事だけど、勝つのが総てならバスケである必要はない。楽しくバスケをすることを教えるのも、私たちの役目」と初恵女史に反論します。
そして、初恵女史も思うところがあったのか。レギュラーとの練習試合を承諾したのでありました。

ro-kyu-bu-11-013.jpg
で、慧心女バスの晩ご飯の席にお呼ばれする麻奈佳。

ro-kyu-bu-11-014.jpg
そこで、女バスメンバーに慕われる昴を、誇らしいと同時にヤキモチも焼いてしまう葵をからかうことを忘れません。

ro-kyu-bu-11-015.jpg
そして、もはやお約束と貸したお風呂イベント発生。
回を追うごとに画面が白くなっていきますw

ro-kyu-bu-11-016.jpg
そして今回はそれだけではありません。
前回、バスタオルで鉄壁なガードをしていた葵ですが。
麻奈佳のお節介手引きで、ミストサウナ内に昴と葵が嬉し恥ずかしい遭遇を果たしてしまいます。

いや、なかなかに眼福ですよ?w

ro-kyu-bu-11-017.jpg
翌朝、気まずい雰囲気を醸し出しながらも、お互いに流そうとコンセンサスを図る葵と昴。
葵も大人の対応が出来るようになりましたw

ro-kyu-bu-11-018.jpg
そして、朝のランニングを一緒にする昴と葵。
河原で昴は葵に、七芝の女バスに入るよう勧めます。
しかし葵は、自分のバスケはただ一人に届けばいい、と自分の思いを素直に昴にぶつけます。
さすがに、葵の言う「一人」が自分のことだとわからない昴ではありませんでした。
普通なら、ここで昴と葵の距離は一気に進み、葵がメインヒロイン~となるのでしょうが。
(それだけのキャパシティは持ってるんですよね、葵は。)
残念ながら、この作品のメインヒロインは智花。葵はがんばりましたがこれが最後の足掻きとなってしまうのでしたw

ro-kyu-bu-11-019.jpg
試合前日の練習後、昴は紗季を一人、呼び出します。
そして、紗季にポイントガードを託します。
昴と同じポジション、ということでテンションが上がる紗季。

ro-kyu-bu-11-020.jpg
で、試合前日の夜。
疲れ果てて眠ってしまった女バスメンバーに一人ずつ声をかけながら毛布を掛けてあげる昴。
そして、それを温かいまなざしで見守る葵が印象的でした。

ro-kyu-bu-11-021.jpg
で、ついに始まった慧心女史バスケットボール部と硯谷女学院バスケットボール部の練習試合。

ro-kyu-bu-11-022.jpg
さすがに言うことだけはあるちびリボン。
頭に血が上って周りが見えなくなってしまっている真帆を尻目に、確実に点を奪っていきます。
そして、第1クォーターが終了する間際で、昴は手遅れになる前に、とカードを切ることを決意します。

ro-kyu-bu-11-023.jpg
そのカードこそ、紗季をポイントガードに据えること。
こうすることで、周りの状況を的確に判断し、チームメイトを信頼している紗季が司令塔となり、智花や真帆の攻撃力が活かせる、とそういうことですね。
そして、ここから、慧心女史バスケットボール部の反撃が始まります、と言うことで次回に続く。

次回、最終回は、この試合に決着が付くわけですが。。。
原作も含めて、ロウきゅーぶ!での試合で、一番熱い試合だけあって、作画の乱れなどがないことを祈るばかりですw

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/97-a8a772a5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。