Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/90-1a17a268
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アニメレビュー:異国迷路のクロワーゼ 第10話「魔術幻燈(ファンタスマゴリー)」

カテゴリ : 異国迷路のクロワーゼ The Animation
長かった回想が終わり、久々に可愛い湯音たんを堪能できた、異国迷路のクロワーゼ 第10話を視聴しました。
やっぱり、このアニメは、どろどろとしたものよりも、湯音たんの表情を堪能するアニメだと思います。
にゃんこ好きの湯音たんがめいっぱい楽しめましたよ~

ということで、以下ネタバレですのでご注意くださいませ~



初っぱな、父親の残したデッサン画を真剣に眺めるクロード。
なんか、クロードってこう鬱屈したモノを感じさせるんだけど、なんとかならんものか(苦笑)

ikoku-10-001.jpg
オスカー爺さんがいろいろ茶化しますが、オスカー爺さんがいなかったらまぁき的にうっとうしいキャラに成り下がってるぞ、クロードw

ikoku-10-002.jpg
で、夕食当番のクロードが引きこもっているため、代わりに湯音たんが夕食を作りますが、いつの間にか、パリ流の料理が上達していて、クロードもオスカー爺さんもびっくり。
ほめられて素直に喜ぶ湯音たんが非常に可愛いです。

ikoku-10-003.jpg
で、その夕食の席で、父親のコネのお得意さんから仕事が入ったことを明らかにするクロード。
それで父親の残したデッサンを眺めていた模様。

ある意味父親と勝負、というオスカー爺さんの言葉に、湯音たん、クロードを応援しますが、クロードはあまり気が進まないご様子。

ikoku-10-004.jpg
で、翌日、お得意さんのところに打ち合わせに行くクロードを見送った帰りですが。
なんだかんだで、現地の人々に受け入れられている湯音たんが見られます。
最初の頃は完全アウェーだった湯音たんですが、ギャルリ限定でマスコット的存在になりつつあるか?

まあ、ソレも当然ですけどっ!(ぉ

ikoku-10-005.jpg
で、店の手伝いに、とオスカー爺さんに言われた物置小屋の掃除をしていたら、湯音たんが幻燈機を見つけます。
まあ、今で言うスライドやOHPみたいなモノですが。
ソレを見たオスカー爺さんは、いつもの茶目っ気を出して湯音たんを驚かすことを思いつきます。

ちょうど遊びに来たアリスも巻き込んで、幻燈機の上映会が始まります。

ikoku-10-006.jpg
湯音たんは何が始まるか、とじっとスクリーンを見つめます。

ikoku-10-007.jpg
そんな湯音たんの前に、悪魔のイラストが点灯。
びっくりする湯音たんとアリス。いちいち可愛い反応ですw

ikoku-10-008.jpg
そして、幻燈機を見て、日本で遊んだ影絵遊びのことを思い出す湯音たん。
ちっちゃい湯音たんがキュートです。

ikoku-10-009.jpg
一方、クロードはお得意様と打ち合わせ。
何かと父親を引き合いに出すお得意さんに辟易した感じのクロードですが、逆にあまり突っ張るな、とたしなめられる始末。
なんだかんだ言って、ガキなんだな-、でも職人としてのプライドも強いんだよなーと、ある意味救いのないコンボw

ikoku-10-010.jpg
で、アリスと湯音たんですが。
自分の書いたイラストが動くことに感動を隠せません。

ikoku-10-011.jpg
そして、自ら描いた猫が動く様を見て、可愛い踊りを披露する湯音たん。
あまりに可愛かったのでアニメーションGIFを作成したんですが……容量がブログの最大値を超えた上に、あまりなめらかに動かなかったため断念。ムネンorz

ikoku-10-012.jpg
そして、クロードを訪ねてきたアランが幻燈機を見て、上映会を企画。
お店は噂を聞いたギャルリの人たちでいっぱいになりました。

ikoku-10-013.jpg
そして、ほんわかした気持ちでクロードを待つ湯音たん。
どこまでも可愛いです。

というわけで、久々に湯音たんを愛でたな-、という実感が沸いた回でした。

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/90-1a17a268
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。