Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/88-96d2469a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アニメレビュー:花咲くいろは 第23話 「夢のおとしまえ」

カテゴリ : 花咲くいろは
今回は意外な組み合わせの二組の話となった、花咲くいろは 第23話を視聴しました。
前回のラストで喜翆荘を閉鎖する、という宣言を受けての今回ですが。
あと3話でどう収集付けるのか、とても楽しみです。
なんか、微妙にメロドラマっぽくなっているような気がしないでもありませんがw

というわけで、以下、ネタバレですのでご注意くださいませ~



さて。前回のラストを受けて、喜翆荘の従業員一同に衝撃が走ります。

iroha-23-001.jpg
で、今後のことを考えていろいろ思うところがあるだろう従業員一同。
達観している人、迷いに迷って意気消沈している人、自分の夢を追いかける人、何も考えていない人と、人間模様様々です。

iroha-23-002.jpg
そして、女将に呼ばれた緒花。
今後の身の振り方をどうするのか、という女将に、迷いに迷う緒花。

iroha-23-003.jpg
そこへ、縁のお金をだまし取ったプロデューサを追いかけに東京に行く決心をした祟子が、女将に東京行きの許しを得ます。

で、女将はあっさり許諾。その代わり、緒花も一緒に連れて行ってほしい、と祟子に頼みます。
母親と話をしてこいってことデスね。

iroha-23-004.jpg
そして、いつの間にか苦手なほうれん草を食べられるようになっている民子。
こうしてるとかっこいいんだけどねーw

iroha-23-005.jpg
で、東京に行く緒花に対し、「幸ちゃんと会うの?」と問いかける菜子。
緒花は慌てて否定しますが、「会わないとダメだよ」と緒花をプッシュ。

iroha-23-006.jpg
で、縁はへたれっぷりを遺憾なく発揮。
新婚早々、祟子において行かれてべそをかいてる(ソレもどうなの?w)縁ですが、まめ爺に泣きつくのもどうかとw
ほんっと、ヘタレですね~

iroha-23-007.jpg
一方、東京では、幸ちゃんと緒花母と邂逅を果たしていました。

iroha-23-008.jpg
で、東京へ向かう緒花と祟子。電車内での会話も新しく出来た叔母と姪の探り合いっぽくなりつつも、緒花を気遣う姿が見え隠れする祟子です。
なんだか、ここに来て祟子のキャラがだいぶ柔らかくなったように思います。

iroha-23-009.jpg
で、緒花母と幸ちゃんですが。幸ちゃんはバイトのシフトを変わってもらって、緒花母に同行することに。
で、いろいろ緒花母に気を遣う幸ちゃんに対し、開けっぴろげな緒花母。
「ちょっと付き合いなさい」と幸ちゃんを連れ回すことに。

iroha-23-010.jpg
東京に着いた緒花と祟子。緒花の「どうやってプロデューサーを捜すのか」という問いに対し、「新しく出来た義姉から情報をもらった」と胸を張る祟子。

iroha-23-011.jpg
自信たっぷりだけあって、東京タワーにてしっかりプロデューサーを発見。人目もはばからない追想劇の末、背負い投げでプロデューサーをノックアウト~

見事捕まえることに成功しましたとさ。

iroha-23-012.jpg
一方、緒花母に連れてこられた幸ちゃん。緒花母が間借りしているオフィスにて、以前喜翆荘で撮影された映画のカメラテストのDVDを緒花母と見ることに。

iroha-23-013.jpg
そして、初めて見る緒花の仕事姿に一瞬言葉と動きが止まる幸ちゃんと緒花母。
幸ちゃんが緒花母にいろいろ語り始めます。
なんか、さわやか青春男というキャラが全然ぶれてないですw

iroha-23-014.jpg
で、日が暮れた歩道橋の上で、幸ちゃんと緒花は、見事邂逅を果たすのでした~、というところで次回に続く。

なんか、こうやってダイジェスト的に話を抜き取ると、今回、話が進んでいるようで全然進んでないですねw
そして、捕まったプロデューサーの運命は?

着地点が見えないなりに、続きが気になりますw

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/88-96d2469a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。