Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/79-b670af49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アニメレビュー:OVA『カーニバル・ファンタズム』1st Season

カテゴリ : 映画/OVA/DVD/Blu-ray
TYPE-MOON10周年記念企画として制作された「カーニバル・ファンタズム」を視聴しました。
本作は、TYPE-MOONで作成された作品のアンソロジー的なアニメーションで、原作(というか原案)は当然、TYPE-MOON作品なんですが、ストーリーは武梨えりのTYPE-MOONアンソロジーコミック「TAKE-MOON」(一迅社刊)というのが少々変わり種でしょうか。

『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)『カーニバル・ファンタズム』1st Season 初回限定版 (Blu-ray)
(2011/08/14)
Windows

商品詳細を見る


TAKE MOON (IDコミックス DNAメディアコミックス)TAKE MOON (IDコミックス DNAメディアコミックス)
(2004/06/25)
武梨 えり

商品詳細を見る


元々、アンソロジーコミックは一時期はまっていたことがあり、マリア様がみてるや十二国記のアンソロジーはよく買いあさっていましたが(今でもたまに買って読んだりしてます)、TYPE-MOON作品はFate関連しか買っていなかったんですよね。

当然、TYPE-MOONの作品の中では、Fate/stay nightとFate/hollow ataraxiaの2作品くらいしかよく知らず、それ以外の作品(月姫とかMELTY BLOODとか)はほとんど知りませんでした。

まあ、月姫は真月譚 月姫として、アニメ化されているし、AT-Xでも放映していたんですが、タイミングが合わず、見ていなかったんですよね。
機会があればそのうち、という感じで、ずるずるときてる感じです。

ただ、それなりに有名キャラを知ってはいたので、本作を見るのに抵抗はあまりなかったですね。

と言うことで、以下は公式サイトにもアップされてはいるんですが、OPとキャラ紹介のムービーです。





1話だいたい15分程度で4本構成になっている本作ですが。
だいたいの流れとして、ネコアルクキャラによる導入→OP→エピソード1→ネコアルクキャラによる小ネタ→エピソード2→ファンタズムーンの嘘予告→ED→真次回予告(タイガー道場)という感じで作られています。

っていうか、OPムービーを見てもらえればわかりますが、本当に同人誌のノリで、見ていて楽しいです。
Fate作品のエピソードはいずれもFateのアンソロジー本で見たことがあるものだったんですが、まさか動いて声も聞けるようになるとはw

他作品に関しても、本筋を知らず、キャラ設定等もほとんどわからないんですが、それでも充分おもしろいと思える内容になっていました。
これがキッカケで、TYPE-MOON作品に手を出す人もいるんじゃないかな?

少なくとも私は、真月譚 月姫は見てみようと思いました。

基本的にTYPE-MOONの作品の傾向として、重い話が多いように思います(Fateしかり、空の境界しかり)が、原作公認の同人誌的なノリって楽しいですよねー。
感覚としては、リーフ(アクアプラス)のToHeartシリーズに共通のノリが見られますが。
元々同人活動から起業しているだけに、その辺のさじ加減が絶妙です。

ある意味、原作者サイド自らネタつぶしをしているような感じでもありますがw
(今回は武梨えりのアンソロジー本が原作なので、必ずしもそういうことでもないですけどね)

また、武梨えり独特の柔らかめのキャラクターたちが所狭しと暴れ回ってる感じも好感度◎。
まだまだ第2弾、第3弾と続くようなので、期待して待っていようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/79-b670af49
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。