Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/77-77e3f874
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アニメレビュー:まよチキ! 第07話「駆け落ちしよう」

カテゴリ : まよチキ!
今回は主要女性キャラが一堂に会した水着回だった、まよチキ! 第07話。
相変わらず(?)お約束的な展開+肌色成分満載の今回ですが、結局話は全然前に進んでいないように感じるのは、気のせいでしょうか?w

というわけで、以下、ネタバレ含みます。



まずはアバンから。
帰宅中、近次郎の家の前でスバルが待ち構えています。
で、薬入りのドリンクを近次郎に飲ませた後、いきなり、「駆け落ちしよう」とぶちまけるスバル。

mayo-07-001.jpg
なんだかんだ言っても、可愛いですw

mayo-07-002.jpg
で、当然、驚きのリアクションを取る近次郎ですが、ドリンクに入っていた薬が効いて、意識を失います。
で、薄れつつある意識の中で、奏お嬢様の暗躍を感じ取るのでした。

っていうか、ここまでくると、暗躍がない方が不思議ですがw

mayo-07-003.jpg
で、OP明け。近次郎はどこかの旅館で目覚めます。
するとソコには、元凶とも言える奏お嬢様が同じお布団に!

mayo-07-004.jpg
で、悪びれもなく「ヘテペロッ!」とかやってますよ、この人w

mayo-07-005.jpg
で、状況を理解した上で、どうしてこういう事をしたのか、理由を問い詰める近次郎。
曰く、「親とケンカしたから家出」って。。。

それにしても、浴衣から望む桃源郷(胸の谷間)に照れている近次郎ですが……鼻の下を伸ばしているようにしか見えません。

近次郎の女性恐怖症って、端から見てると、純情少年のソレと大差ないんだよね。。。

mayo-07-006.jpg
で、一応、家出の名目が「駆け落ち」だと語る奏お嬢様。

mayo-07-007.jpg
そんな二人を見て、キスを仕様としていたと勘違いするスバルですが……
スバル自身は気づいていないようですが、完全にやきもちですよね、これ。

mayo-07-008.jpg
で、海に遊びに来た三人ですが。
ここでやっと(?)普通に水着姿になるスバルです。

まあ、ここでは男装がばれる心配はないから、と言うことなんでしょうが。。。
普通ならそれで問題ないんですが、ラノベでソレはまずありえないわけでw

mayo-07-009.jpg
さらにお約束の展開。サンオイルイベント発生です。
奏お嬢様のリアクションもあまりにお約束過ぎるため、もう苦笑しかありませんw

mayo-07-010.jpg
で、なんだかんだあって、海の家に来てみれば、ソコには手芸部の3人(紅羽、マサムネ、ナクル)がw
それにしても、ナクルって巨乳キャラだったんですねw

単なる眼鏡好きのBLっ娘だと思ってましたw

mayo-07-011.jpg
で、その手芸部の三人にばれないように、とスバルに眼鏡をかけさせて変装(?)を促す近次郎ですが……
スバルはなにやら、近次郎の趣味だと勘違いしているご様子w

そこに紅羽がきて、「あわや、スバルの正体がばれるか!?」と言うところで、奏お嬢様の機転が炸裂。
これはスバルではなく、従姉妹の「小鳥遊にゅぷる」だと言い張ります。

それを信じる紅羽もどうかと思いますがw

mayo-07-012.jpg
で、そんなスバルに「かなお姉ちゃん」と呼ぶことを強要する奏お嬢様。
実際に「かなお姉ちゃん」と呼ばれたお嬢様のリアクションが可愛いw

いや、確かに照れながら「かなお姉ちゃん」とか言っちゃうスバルは

殺人級のかわいさでしたがっ!!!www

mayo-07-013.jpg
で、やっぱりなんだかんだありまして。
マサムネはにゅぷる=スバルだと気づき始めている様子。
しかし、にゅぷる=スバルと思い至ってもスバル=女の子まで思考がいかないのがある意味すげぇw
ここで、どうやったらスバル=女装趣味と勘違いできるのか知りたいモノデスw

で、裏でこそこそやっている近次郎とマサムネの様子をうかがっていた奏お嬢様に気づいたマサムネは、奏お嬢様にかみつきます。
一方、奏お嬢様はマサムネをあざ笑うかのように挑発。
マサムネもそれに張り合います。

その後、スバルにマサムネと近次郎が付き合っていると勘違いされたり、マサムネの手料理をごちそうになった近次郎に焼き餅焼いたりと、スバル自身が抱いている近次郎への気持ちに気づきそう、という微妙な展開が。

この辺、原作を読めば、少しは内面も理解できるんでしょうか?
なんか、すごく唐突感を感じます。

mayo-07-014.jpg
で、奏お嬢様を迎えに着たスバル父登場。

mayo-07-015.jpg
なんだかんだと邪険にされるスバル父。哀れなりw

で、そんな中、ふとトオイメをしているスバルに近次郎が気づいて次回へ続く。となるわけですが。

次回は話がちゃんと進展するんでしょうか?
この駆け落ちに見せかけた家出も、何かと事情がありそうですが、次回はなんと温泉回。
まだまだ肌色成分は続くよ!
ってことで。

なんだかなー

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/77-77e3f874
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。