Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/40-0dd589f4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

図書レポート:ロウきゅーぶ!8巻(電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
今日も暑いですね-。
7月の第1週を過ぎたばかりだというのに、夏真っ盛りといった感じです。

そんな暑い夏日が続くこのときに、今、まぁき内で一番ホットな作品、ロウきゅーぶ!の新刊が本日流通、ということで、早速読みました。

新キャラ続出となった今巻。いや、ストーリーの緩急も含めて、満足な展開でした。

ロウきゅーぶ! 8 (電撃文庫 あ 28-8)ロウきゅーぶ! 8 (電撃文庫 あ 28-8)
(2011/07/08)
蒼山 サグ

商品詳細を見る


ってことで、以下、ネタバレ含みますので、読了した方のみどうぞ~



ロウきゅーぶ!(8)
著者/蒼山サグイラスト/てぃんくる定価 599円

少女はスポコン! コーチはロリコン!? 人気シリーズ最新刊、登場!
二学期が始まり、近づいてくるのは智花の誕生日。日頃の感謝も込め、智花への抱える想いを伝えようとする昴なのだったが……いきなり赴任先から帰国してきた昂の父親、そして謎の銀髪バスケ少女との同居開始で、一波乱の予感──!?
「す、昴さんの……お、おうちの子に」
「おにーちゃんだめっていっちゃだめ」
「長谷川さんのお好きなところに──」
「もしかして……デ、デートなのっ?」
「すごいのあげなきゃダメだかんね!」
一方、智花をお祝いするイベントの裏で、他の4人の少女たちの身にもそれぞれの誇りをかけた、成長を試される出来事が降りかかり……!?
悩み多き少女たちに翻弄されまくりなさわやかローリング・スポコメディ(8)!

TVアニメだけでなく、PSPゲームやコミック、4コマ漫画など、色々展開中!


ということで、のっけから新キャラ登場。
昴の父親、長谷川銀河とフランスからの留学生、ミミ・バルゲリー。
ハワイに赴任中だった銀河がミミを連れて一時帰国。
ミミがバスケ少女、というのは前情報からわかっていましたが。
そうか、昴父の銀河もバスケプレイヤーでしたか。
しかも、元七芝高校のバスケ部キャプテンとは。しかも異名が「空飛ぶ冷凍マグロ」って。
おもわず、ハーレムビートの「空飛ぶ冷蔵庫」を思い出しました。

ちなみに、印象的には「とある魔術の禁書目録」の上条当麻の父親に近い印象。
うん。昴の母親と未だにラブラブってのはすごくイメージが沸くしナットクですよ!w

ミミのプレイスタイルが昴+須賀竜一ってのもおもしろい。
智花との1on1も見所です。

で、その後、智花の誕生日イベント発生。
ここで、柿園と御庄寺のキャラが輝きます。そういえば、初めてこの2人が挿絵に出てきましたな。
柿園はイメージできましたが、御庄寺がいまいちイメージできなかったので、この挿絵で何とか補完完了。
とはいえ、なんかイメージ違うなあ、というのが正直な感想。
そして、さらに新キャラの藤井雅美。紗季とは因縁がある小5の女の子。
この子がこの後の展開に大きく関係してきます。

智花の誕生日イベントは、なんていうか、昴の「智花はオレの嫁」宣言に近い発言や、智花のテンパリ具合、ひなたのかわいさでもう、おなかいっぱいな感じです。

っていうか、

ひなたちゃん、ちょーかわいい

という言い方が何気にツボです。いや、私も同意見ですがっ!

その後、いきなり竹中視点で話が進んだと思ったら、竹中の双子の妹、椿と柊登場。
5巻で竹中に妹がいることは知っていましたし、その妹がバスケをやってることも知っていましたが……双子だったとは。
しかも、真帆の「つばひー」呼ばわりはなかなかナイス!

で、この2人が登場したことで今後への布石が完了。
なるほど、ミニバスの10人、という基本ルールをここでもってくるか、と思いきや、ライバルチームとして立ち上げて、女バスメンバーと試合、という流れに。

なかなか上手に話持って行くナー、と思いました。

で、女バスメンバーが勝利し、同じチームに、という展開かと思ったんですが、ライバルチームは葵をコーチに葵で、別チームとして女バスチームに再戦を誓うのでした。

熱いよ! なんだよこの展開!

っていうか、ホントにまぁき的ツボを付いてくるなー。
ほんと、ごちそうさま、ですよ。

試合の描写もおもしろかったし、なにより女バスメンバーの5人の成長が見られる巻でもありました。

というわけで、次巻以降の展開を予想してみる。

きっと次は修学旅行がメインなのではないかと。で、時を同じくして、福引きで当たったペア旅行に昴と葵が出かけるが、行き先が慧心学園初等部の修学旅行先と同じ。
で、そこで現地のバスケチームと試合、といった流れかなぁ、という気がします。

やばい。いまから次巻が待ち遠しい!

ってことで、今巻も大変おいしくいただきましたとさ。
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/40-0dd589f4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。