Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/31-6ddd56d3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

図書レポート:[囮物語]第乱話 なでこメデューサ

カテゴリ : 〈物語〉シリーズ
昨日、西尾維新の〈物語〉シリーズ最新作、[囮物語]を購入、読了しました。

囮物語 (講談社BOX)囮物語 (講談社BOX)
(2011/06/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


講談社BOX文庫の〈物語〉シリーズの詳細はコチラ

劇場版アニメ、西尾維新プロジェクト第3弾「傷物語」がとっても待ち遠しい今日この頃ですが。

セカンドシーズンに入って、「つばさタイガー」「まよいキョンシー」「するがデビル」と続いて第4弾となる「なでこメデューサ」ですが。
今回の語りは撫子(なでこ)です。
まぁき的読後感になりますが、今までの〈物語〉シリーズの中では比較的ダウナー系なのではないかと。
「花物語(するがデビル)」も比較的ダウナー系だったけど、今回はそれに輪をかけているのではないかと。
ある意味、次回以降に続く、って感じですし。
さらに言えば、最終巻「恋物語(ひたぎエンド)」に続く、って感じだし。

ただ、あとがきにて西尾維新本人が書いていますが、「千石撫子がとことん可愛いだけの話」というのもうなずけます。
でもダウナー系w

ということで、以下ネタバレありなので、読了した方だけ先に進んでくださいませ。



まあ、結論から言っちゃうと。

千石撫子は神様になりました。

って事なんだけど。

……いやいやいや。
確かに、ファーストシーズンで駿河が撫子をさして「ラスボス」とか言ってましたけど!
本当にラスボスかよ(^^;

しかも、最後の節なんて、エピローグって言うより予告編ってことで(おそらく)撫子の妄想だし。
さらに言えば。花物語(するがデビル)ではさらにその後の話をすでに描いちゃってるし。

まあ、いろいろ言葉遊びの中にいろんな仕掛けをして読者を驚かしてくれる西尾維新なので、「なんじゃこれ」というよりは「ホント、これからどう繋がるんだろう、わくわく」って感じの方が強いのですが。

次巻「鬼物語(しのぶタイム)」ではようやく「猫物語(白)(つばさタイガー)」でちょっとだけ触れた学習塾跡円状事件が取り上げられるらしいし。
「傾物語(まよいキョンシー)」直後から何がどうなって阿良々木暦と忍野忍とのリンクが切れて、撫子が食べちゃったお札を手に入れたのか、とかホントどう繋がるのよ、って感じで、すごい楽しみです。

基本的に全編通してダウナー系なのも、初っぱなから撫子と阿良々木との殺し合いシーンから入って、そこに至るまでの回想が本編だったから、という印象が大きいんだよな。
つまり、最初から救いがないのがわかっちゃってる。
加えて、本人も自覚してる「根暗」な撫子口調なうえに撫子視点で話が進んでるから、余計それに拍車をかけてる感じですか。

それにしても、ツッコミどころはたくさんありますが。
撫子は確かに可愛いねー
アニメで撫子に転がった人が多いって聞くけど(CV:花澤香奈だしね)、わかります。

ええ、わかります!(大切なので二度言いました)

まあ、そのアニメの印象がある程度(いい意味でも悪い意味でも)崩れた本書でしたが、ファーストシーズンとセカンドシーズンと出キャラがぶれまくって定着していないのが〈物語〉シリーズなので(特に忍と月火がぶれまくってる)、この辺も、「ああ、今回はこういう感じできたか」と飲み込める範囲です。

所々『  』(二重カギ括弧)で囲まれて漢字ではなくひらがなで表記されてるのは、きっと撫子の中ではこの単語は漢字じゃなくてひらがななんだろうなぁ、と思わせて可愛いし、初っぱなの自己紹介の項目の中に「好きなお兄ちゃん」ってのが入っているのも笑えるし。
ドラマCDでも阿良々木が言っていましたが、「撫子はおとなしくて無口なだけで、別にいい子というわけではない」というのを体現している台詞……「撫子が怒られれば済むことだよ」というのも本書を読めばどういう意味でいっているのかがよくわかります。

そっか、撫子って可愛いけど痛いコだったのね、と。

それが高じて神様(=怪異)になっちゃうんだから、ホントにこの子は……

撫子のその後も含めて、本当にラストが気になりますよ。
本当に予想の斜め上を行ったなあって感じでした。

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/31-6ddd56d3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。