Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/205-519081f6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

レビュー:DX超合金 VF-31J ジークフリート(ハヤテ・インメルマン機) ファイター編

カテゴリ : DX超合金 VF-31J ジークフリート(ハヤテ・インメルマン機)
今日はファイター形態のレビューです!

まずはこんな感じ。
09前
(クリックで拡大します)

後ろから。
10後ろ
(クリックで拡大します)

上から
11上
(クリックで拡大します)

そして、下からです。
12下1
(クリックで拡大します)

で、こっちがランディングギアを展開したところを下から見た図です。
13下2
(クリックで拡大します)

通常の戦闘機と同様、ランディングギアは前脚に2輪、主脚に各1輪ずつ、計3脚4輪なんですが、
主脚が膝アーマーの裏から展開しているのが面白いですね。
ちなみに、タイヤはゴム製、ホイールと支柱が金属製。
コロ走行ができます^^
前脚のフックも可動式。

で、これがキャノピーを開いたところ。
14キャノピー1
(クリックで拡大します)

キャノピーはクリアイエローで成形されていて、さらにラメが入っています。
キャノピーの前の赤いパーツも、クリアパーツですね^^
すごく綺麗です。

15キャノピー2
(クリックで拡大します)

ハヤテを乗せた状態。


コクピットの後ろは復座にすることも出来て、
コクピットシートの後ろのパーツを外すと、復座がたたまれています。
16キャノピー3
(クリックで拡大します)

この復座にフレイヤを乗せることが出来るんですね~
17キャノピー4
(クリックで拡大します)

18インテーク
(クリックで拡大します)

太もも(エアインテーク部分)はカバーパーツを外すことが出来、その中にはフィンのディティールが。
この辺は従来のバルキリートイの定番ですね♪(写真右側がカバーパーツを外した状態)

19ドローンハッチ
(クリックで拡大します)

そして、機体上部、エンジンナセルの上側(バトロイドでのふくらはぎの部分)には、マルチドローンのハッチ展開ギミックが!
ドローンも1つ1つちゃんと塗り分けられています!
すごい!
このカバーパーツが合金製ですので、すごく丈夫です。
開閉もスムーズでストレスなく展開できます!

ファイター用のディスプレイスタンド。
20スタンド
(クリックで拡大します)

21スタンドショット
(クリックで拡大します)

で、そのスタンドに載せた状態。
ただ載せるだけではなく、ちゃんとホールドしているのがいいですね♪
すごく安定しています。

あと、写真を撮り忘れているんですが、機体各部には細かいマーキングがタンポ印刷で施されているので、
実機さながらです!
この辺、もしマーキングが少ないようなら、バンダイの1/72のプラモデルから、水転写デカールを貼っちゃおうかと思ってましたw

いやぁ~。
それにしてもファイター形態はかなり薄く仕上げられていて、
すごくかっこいいです!
足回り(エンジン周り)がほとんど合金製なので、
重心が後ろにあるんですが、いわゆる尻餅をつく状態にならないのが良いですね^^


ファイター形態はかなり作中のイメージ通りに仕上がってますね。
これだけでも完成度はかなり高いです!
その昔、今は無きヤマトから出た、1/60のVF-1と、VF-19、VF-11、
それからDX超合金のVF-24(リニューアル前)を持っていましたけど、
重さ、スタイル、マーキングの細かさ、どれをとっても今まで手にしてきたバルキリートイの中ではダントツに良い出来です!

世は満足ぢゃ!w

さて、次回はいよいよ、ファイター→ガウォークへの変形です!
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/205-519081f6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。