Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/188-8abbf50b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

図書レポート:ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
電撃文庫7月の新刊、ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)を読了しました。

ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)
(2013/07/10)
蒼山サグ

商品詳細を見る


7月に入って、アニメ2期がスタートし、更に盛り上げを見せるかとおもいきや。
なんと今巻でロウきゅーぶ!!の本編はラスト。
本筋とは関係ないエピソード(おそらく短編集)がまだ発売されるとのことですが、とりあえず、唐突感が否めなかったですね。

それでも、一冊ほぼ丸々硯谷女学園との試合につぎ込まれています。
まあ、一言で言えば、熱い!につきたわけですがw

というわけで、以下ネタバレ有りです。



今回はとにかく慧心と硯谷との一進一退の攻防戦です。
今までスポットが当たっていなかった硯谷の選手一人一人にもスポットが当たっていて、本当に手に汗握る、という表現がピッタリはまっています。

玲奈も真帆との接触で真帆が一旦ベンチに引き下がってから、精彩を欠くわけですが、ソレによって、大きな成長を遂げ、慧心に対して大きな壁になるという、熱い展開。
真帆がベンチに引き下がってからの、クォーターごとに5年生一人ひとりが6年生チームに編成され、それぞれの得意技を見せつつ、他の4人を引き立てます。
ある意味、お約束といえなくもないですが、著者はその辺、わかっていますねw

試合運びもそうですが、選手一人ひとりがとてもイキイキしていて、一気に読み進めてしまいました。

試合は、智花のラストシュートが決まった所で、最高潮の盛り上がりを見せますが、結果はノーカウントで慧心の敗北に終わるわけですが。
その後のエピローグは登場人物一人ひとりにちゃんとした結末が用意されていて、とても好感が持てました。

ただ、惜しむらくは、七芝の男子バスケ部が復活したかどうかが不透明になっているところでしょうか。

結局、智花たちは中等部に入ってもバスケを続けることになったわけですが、なんだか、その後のストーリーもとても興味がありますね。
機会があれば、どこかで発表されないかなぁw

とりあえず、今後は短篇集やアニメ関連でしばらく盛り上がるでしょうが、これでとりあえずの結末を迎えた本シリーズ。
いかにも狙った表現が多かったですが、単純にストーリーだけ追えば、本当に熱いスポ根ものでありました。
今後もこういう熱いスポ根ものが電撃文庫で展開されると嬉しいですね。

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/188-8abbf50b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。