Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/179-e2cd010d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

花咲くいろは HOME SWEET HOME を見てきた!

カテゴリ : 映画/OVA/DVD/Blu-ray
花咲くいろは HOME SWEET HOMEを見てきました!
いやー、すっかり公開されているのを忘れていまして。公開初日に見に行くことが出来なかったんですが。
まあ、平日の午前中ってこともあったせいか、だいたい6割くらいの空席で、かなり空いていました。

個人的に、花咲くいろははかなりツボでして。
TVシリーズはけっこう楽しみにしていました。P.A.WORKSさんの作品をがっつり見たのはこの作品が初めてじゃないかなぁ?
というか、この作品以降のP.A.WORKSさんの作品が結構好きになった、と言った方が正しいかも。
ちょっと前まで放送していたTARI TARIなんかもツボでしたし。
今期あるアニメで言えばRDGレッドデータガールが楽しみです。

で、気になる内容ですが。
TVシリーズでいう17話ぐらいのエピソードになるんでしょうか?
緒花の現在と皐月の過去がオーバーラップしつつも、各キャラクターの見所が詰め込まれた、言いお話だったと思います。
これから見に行こうと思っている涙腺が緩い人たちは、ハンカチ忘れないようにしてくださいね!

というわけで、以下ネタバレです。

まず特筆すべきは、とにかく映像がきれい!音響がすごい!の一言です。
劇場の大画面で見ているから、迫力もあるし、お腹にずんずん響きます。

で、各キャラクターの見所、抑えどころがきっちりしていて、グダグダ感や一見さんお断り的な雰囲気が全然ないのです。
とにかくメリハリがきいていて、とにかく最初から最後まで安心して見ていられました。

結名がちょっとウザキャラでしたが、次郎丸の安定したギャグ路線や民子のツンデレ具合は相変わらず。
蓮さんのキャラがTVシリーズに比べるとお茶目度合いが強調されていた感じもありましたが、これはTVシリーズではあまりお茶目なところがクローズアップされていなかったから、と解釈しました。
むしろ、巴のキャラ画壊れかけていたのは、これはTVシリーズ後半からの流れなんだろうなあ、という感じ。
徹と民子・緒花との絡みがほとんどなかったため、徹の今作の立ち位置が微妙でしたが、抑えるところはきっちり抑えていた、という印象でした。
そうそう。女将が全体的に丸くなっていましたね。
TVシリーズの後半、緒花のおばあちゃんっていう立ち位置のまま、女将をやっていた感じ。
TVシリーズのあの流れがあったからこそ活きる演出だったと思います。
というか、TVシリーズ前半の女将でやってたら、一見さんからかなり悪印象だったと思うから、これはこれで正解!っていう気もしますけどねw

菜子の家庭事情にも踏み込んでいて、クライマックスに向けての重要な伏線にも繋がっていたのですが。
正直、ここはもう涙が止まりませんでした。
ハンカチ、持っていけば良かったよ……orz
TVシリーズからの恒例のお風呂シーンも結構きわどいラインまで描かれていて、それでいて全然エロくないのも相変わらずです。
民子のかかとがキーポイントですよ?(ぉ

とにかく、無駄に元気な緒花は健在で、そして何より、高校生時代の皐月が可愛いのなんのって。
とりあえず、緒花の勢いだけで突っ走るのは母親譲りだったわけですね。

孝ちゃん? いたなぁ、そんな子w

1時間ちょっとという短い時間ではありましたが、最後はみんな笑顔でほっこりしましたね。

いや~、来月は図書館戦争の実写版が公開されるし、コチラも楽しみですよ。

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/179-e2cd010d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。