Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/162-5fe63656
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

図書レポート:ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏 (電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
電撃文庫9月の新刊、ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏を読了しました。

ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏 (電撃文庫)ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏 (電撃文庫)
(2012/09/07)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る


前巻は外伝、と言うことで本筋から離れて二次元君のお話だったので、買わずにスルー。
リンダと香子との三角関係でこじれるかと思いきや、あっさりリンダを振り切って香子一筋に走った万里の明日はどっちだ?
的なところで終わった本筋のその後です。

と言うことで、以下ネタバレ含みます。




で、実際にどういう風に話が進むのか、と想ったら。
実は対して進んでいませんでした。

夏休みに入って、おま研のヨサコイが本番を迎えて、
後は香子とお部屋デートをして、
岡千波の部屋に香子と二次元君と万里が襲撃して、
そのまま町に出たら柳澤とリンダのツーショットを目撃して、
一行に微妙な空気が流れたと想ったら、そのままみんなで海に行って、
でも大雨で気分は大盛り下がりで、
その帰り道に事故りそうになって次巻に続く、という感じ。

なんか、最近盛り上がりに欠けます。
プロットが見えない、というか、本筋が見えないというか。
ここに来てストーリーも低空飛行名感じですね。

その代わり、相変わらずの勢いだけがあるからちょっと文章も読みづらい。
最終的にどういう方向に向かうのかが全く読めないので、ハラハラ感もドキドキ感もなく。
そのくせ、「え? そうくるの?」的な展開ばかりで、ちょっと趣味から外れかけてる感じがします。

ただ、一貫しているのが、記憶を失う前のリンダとのやりとりや記憶を失ってからのリンダとのやりとりが所々ちりばめられているから、最終的には香子とリンダとの三角関係を軸に持ってくるんだろうなぁ。
あと、記憶を失う前の人格(幽霊万里)もどう絡んでいくのか。

何となく惰性で読んでる感じがしてきましたが、とりあえず引きのうまさは相変わらずでした。
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/162-5fe63656
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。