Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/16-0ddbf7eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

F-14A++スーパートムキャット 工作編4・エンジンノズルと小物類

カテゴリ : F-14(ハセガワ1/72)
現在、F-14A++は以下のような状態です。

今日はここまで(0616)

小物類塗装完了

エンジンノズルとグローブパイロン、主脚・前脚、主脚格納庫扉、前脚格納庫扉の塗装、および主翼の組み立てを行いました。

1.エンジンノズル
エンジンノズル塗装終了
エンジンノズルは開状態で組み立てなのですが、開状態のアイリス板は6枚を円状に貼り合わせる仕様。
これがなかなか大変です。
真円に貼り合わせるのが難しいんですよ。
というわけで、エンジンノズル基部に直接接着しながら貼り合わせていきました。

塗装はマスキングを駆使します。
エンジン基部は焼き鉄色とガンクローム+黒鉄色、アイリス板は焼鉄色、ノズル内部は白で基本塗装を施します。
ノズル内部はその後、ガンクローム、メタルブラック、黒鉄色等ですす汚れを再現します。
その後、ガンダムMARKERのリアルタッチマーカーのオレンジ1とグレー1で焼けた色を再現します。

エンジンノズル内部
その後、アイリス版にもリアルタッチマーカーで焼け表現を施しました。

出撃直前、ということで、アフターバーナーをふかして高温になっている状態を再現したつもりですが、どうでしょうか。
ノズルの焼け表現はなかなか難しいです。もっと精進せねば(^^;

2.その他
主脚を組み立て、前脚と一緒に白で塗装します。ついでに、主脚格納庫と前脚格納庫の扉のパーツの裏側を合わせて白で塗装。
表側はC308グレーFS36375で塗装します。
その後、縁をガンダムマーカーのレッド1で赤く塗装。

グローブパイロンと増槽も同じくC308グレーFS36375で塗装。
グローブパイロンにサイドワインダー、フェニックス、LANTIRNを接着します。
流し込み接着剤や瞬着を使用すると塗膜が溶けるので、今回はエポキシ系接着剤で接着してみました。
乾燥時間が早いタイプで、5分ほどすると乾燥が始まりますので、手早く接着。
サイドワインダーが少し汚くなりましたが、グローブと主翼で目立たなくなるので良しとします。

主翼はモールドを彫り直し、フラップが下がっている状態で接着。
表面処理を施すのみとなりました。

で、主翼後ろのカバーパーツとエンジンノズルを機体本体に接着し、カバーパーツはC25ダークシーグレーで塗装後マスキング。
エンジンノズルも念入りにマスキングを施しました。

これで、残る作業は機体本体の表面処理(エアインテーク接合部と機首接合部の段差埋ねを含む)、翼関係の表面処理を済ませれば塗装に入ることが出来る……かな?
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/16-0ddbf7eb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。