Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/132-1e2df738
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

図書レポート:恋物語 (講談社BOX)

カテゴリ : 〈物語〉シリーズ
〈物語〉シリーズ、セカンドシーズン完結編、「恋物語」を読了しました!

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る


来年、傷物語が劇場公開、1月からは偽物語がTVアニメ化と何かと熱が冷めない〈物語〉シリーズですが。
セカンドシーズンもいよいよ最終話。
これまで、物語の進行は

猫物語(白)→羽川翼
傾物語→阿良々木暦
花物語→神原駿河
囮物語→千石撫子
鬼物語→阿良々木暦

という形で、基本的にサブタイトルに冠されたヒロインが行っていました(ヒロインが怪異の場合は阿良々木暦が進行)。
そのため、今作「恋物語」のサブタイトルが「ひたぎエンド」ということで、とうとう戦場ヶ原ひたぎが進行するモノとばかり思っていました。
もっとも、それはまぁきだけではないはず!

ところが、ですよ。
今回の語りはまさかの貝木泥舟!
タイトルから阿良々木と戦場ヶ原のラブラブバカップルぶりを戦場ヶ原目線で楽しめると思っていただけに、

やるな、西尾維新!

ってかんじです。

最も、今までの〈物語〉シリーズを通してみても、いい意味で読者の期待や予想を裏切ってきた作者です。
今回はどういう話なのか、第1章だけでもワクワクドキドキしました。

で、結論から言うと、千石撫子は人間に戻りました、ってことと、貝木泥舟はいい人でしたって事。
なんて言うか、まだ語られていないエピソードもあるだけに、これで完結っていうのもちょっと消化不良気味ではあるんですが、それでもセカンドシーズンラストエピソードとしては満足しました。

と思っていたんですが。
な、なんと。

〈物語〉シリーズ、ファイナルシーズン決定!

ということで。
ファイナルシーズンの刊行がスタートするようです。
セカンドシーズンで出てくるたびにキャラがぶれまくっている余継、どうもラスボスっぽい立ち位置になりつつある忍野扇、そして、〈物語〉シリーズの主人公阿良々木暦、それぞれの名前を冠したファイナルシーズンで、セカンドシーズンで語られなかったエピソードが明かされるのか?

今から以上に楽しみです!

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/132-1e2df738
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。