Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/118-59efad5e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

アニメレビュー:たまゆら~hitotose~ 第04話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

カテゴリ : たまゆら~hitotose~
最近の忙しさは異常です。
そして、これから先、もっと忙しくなるのも目に見えていて、どうにかしなくてはいけないのも明白で。
なかなかうまいこと事が運びません。どうしたモノか。

……とはいえ、数ヶ月前まで失業状態だった事を考えると、ゼイタクも言ってられないのでしょうが。
今野ご時世、忙しいのはありがたいことだ、と思う気持ちと、えらいところに就職してしまった、という気持ちがない交ぜになって、いろいろ複雑だったりします。

で、そんな時に癒しを与えてくれるアニメ、たまゆら~hitotose~ 第4話を視聴しました。

tamayura-004-01.jpg
さて。作品内では早くも夏休みに突入。
で、どうやら竹原では一人暮らしをしているらしい、麻音の実家である旅館にみんなで遊びに行くよ!というお話です。
相変わらずののんびりムードで話は進むのですが、一足先に実家に帰省している麻音を追いかけるように、ぽって姉弟、かおる、紀江の4人ですが、ぽって姉弟には麻音に逢いに行く、という目的の他にもう一つ、おじいちゃんに逢いに行く、という目的もありました。

で、麻音の実家の旅館に着くと、麻音のご両親の暖かい歓迎があり、両親の手伝いで仲居姿の麻音の姿が。
なんだか、旅館で仲居、というとやっぱり思い出すのは「花咲くいろは」ですが。
どちらかというと旅館と言うよりは民宿といったほうがしっくりくる感じですねw

家の手伝いを希望していた麻音に、せっかく遊びに来てくれた友達と一緒に町を案内してあげなさい、とご両親の言葉が。
結果、いつものメンバーで町探索が始まります。

tamayura-004-02.jpg
で、その町探索で立ち寄った劇場で、なにやら麻音が思わせぶりな行動に。
ソレを見た他の4人は、麻音に何かしらの悩みがあるのでは、と推測。
それはおそらく、将来についてだろう、とあたりをつけます。

tamayura-004-03.jpg
で、その日の夕食後、麻音のご両親にそのことをどう思っているのか直球ストレートに聞き出そうとする紀江。
多少、お節介に過ぎるんじゃ? とか思いましたが、まあソコは友達想い、ということで。
結局、麻音自身まだ模索中だし、ご両親も麻音の好きにしたらいい、と和やかムードに。

相変わらず音楽の使い方が秀逸な作品で、ただ規制した友達の家に遊びに行く、というだけの話なのに、心が温かくなりました。
相変わらずのサトジュンクォリティに安心です。

関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/118-59efad5e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。