Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/10-4745374b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

F-14A++スーパートムキャット 準備編7・F-14B/D トムキャット”ロービジ”の取説を確認してみた

カテゴリ : F-14(ハセガワ1/72)
ホビーサーチでF-14B/D トムキャット”ロービジ”の販売が開始されました。
加えて、取説画像等がアップされましたね。

早速確認。
ホビーサーチのいいところは商品サンプルの画像だけではなく、実際の中身や取説の画像を確認できるところなんですよ。
で、早速チェックチェック♪
基本的に、このキットは、B型とD型を再現するためのパーツが追加されていますが、今まで発売されてきたF-14トムキャットと同じ金型から作られていますので、今更組み立て手順とか大きく組み立て方が変わった、というのはないんですが。
あ、あとLANTIRN装備を再現するためのパーツが追加されてますね。
これもエアクラフト・ウェポンセットⅦのランナーがそのまま入っているんですね。
そのため、LANTIRNのパーツだけではなく、サイドワインダー用ランチャー LAU-138も一組入っています。

で、取説をワクワクしながら見ていたところ、気になる箇所がありました。

インテークの取り付け
このエアーインテークの取り付け箇所です(画像クリックで拡大)。
ごらんの通り、B型とD型で選択式の箇所です。このキットはこのように随所にB型とD型の違いを再現するために、選択式の箇所があるのですが、このエアーインテークの取り付け箇所はどっちを選択するべきなんだろう。

何回も言っているように、今回はマクロス世界で起こった統合戦争時代の、OTM改修型のF-14A++を作ります。
参考として、マクロスゼロ第1話の同機体を参考にしているのも準備編5でも触れています。
しかし、準備編5では、このグローブ下部に付いているアンテナ(AN/ALQ-126アンテナと言うそうです)がどうなっていたのか、確認していませんでした。

というわけで、マクロスゼロ第1話のキャプチャー画面から確認してみようと思います。

F-14A++ インテーク周辺
まずは冒頭シーン。F-14A++が出撃する直前のシーン。
このシーンを見ると、キットパーツでいうE21が付いています。が、D型選択時のように小さい楕円形のアンテナ部がありません。
さらに言えば、グローブ前方のアンテナ(AN/ALQ-45アンテナ)がありません。


……
………ヲォーイ!(汗

見間違いか? モデリングの問題か?
とりあえず別のシーンでも確認してみましょう。

F-14A++ 前面インテーク周辺
で、こちらのキャプチャー画像。これはMig-29とのドックファイト直前のシーン。
やっぱり、グローブ前方のアンテナがありません。

F-14A++ 下面
その直後のシーン。やっぱり、グローブ前方のアンテナがありません。
そして、グローブ下の小さいアンテナがなく、大きめのアンテナ(キットパーツE21)があります。
こうしてみると、コクピットがA型、シルエットがD型、細部がちょこちょこB型とD型の折衷、というかんじなんだなぁ。

と、ちょっと混乱しつつも組み立てるキットのイメージを再度構築し直していたんですが。
……あれ? この機体、搭載してるミサイルって、AIM-7Mスパローじゃない、みたいだぞ……(^^;

気になってネット上でいろいろ調べてみたんですが、本来なら搭載できないミサイルを搭載している、みたいな記述がちらほらと見受けられました。
羽根の大きさや形状からすると、AMRAAM(アムラーム)というミサイルらしいんですが、このミサイル、スパローの後継らしいですね。
なら、スパローではなく、アムラームを積んでいてもおかしくないんだろうけど……でも、このミサイルを発射後に確認できるランチャーはスパロー用のフェアリングがついているものなんだよなぁ。

なんか、細部をチェックすればチェックするほど、F-14A++という機体がよくわからなくなってきました。
まあ、ここは無難にAIM-7M スパローを搭載することにします。
あ、そうそう。以前、フェニックスとスパロー、どっちにするか悩んでる、ってことを書きましたが、実はまだ悩んでいます。自衛用にフェニックスはごつすぎるから、ウィングパイロンにはスパローを搭載するのもいいし。
でもせっかくだから、ここは豪勢にウィングパイロンのSta.1Aにフェニックス、機体下部のSta.4にスパローを搭載させてみようかなぁ、とも思うわけです。
どっちがいいですかね?(^^;

とりあえず、グローブ下部のAN/ALQ-126アンテナに関しては、D型のように小さい方のアンテナは削り取る。でも、E21パーツは取り付ける、という方向で作業を進めることにします。
グローブ前方のAN/ALQ-45アンテナも削り取って機体ラインを整える方向で作業を進めることにしよう。ある意味、通常のF-14A/B/DとF-14A++とのわかりやすい外観的差異、とも言えるし。

と言うことで、早ければ明後日あたりにはキットが届くと思うので(AMAZONでの発送予定日が6/11)、それまでじっくりホビーサーチで取説やマーキング・塗装図を読み込んで、キットが届いたらすぐに作業が出来るように準備しておこう~っと♪

1/72 F-14B/D トムキャット”ロービジ”1/72 F-14B/D トムキャット”ロービジ”
(2011/06/11)
ハセガワ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://marchinensis.blog67.fc2.com/tb.php/10-4745374b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。