Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書レポート:のうりん(GA文庫)

カテゴリ : GA文庫
アニメ化が決定した、GA文庫の「のうりん」という作品。
農業高校を舞台とした農業系ラブコメ、という一風変わった作風に興味を引かれて既刊分を一気に購入して読破しました。

のうりん 文庫 1-5巻セット (GA文庫)のうりん 文庫 1-5巻セット (GA文庫)
(2012/12/17)
白鳥 士郎

商品詳細を見る

のうりん 6 (GA文庫)のうりん 6 (GA文庫)
(2013/04/16)
白鳥 士郎

商品詳細を見る


大胆な構成やフォントの使い方、最近主流になったお色気路線、過剰なくらいにパロディ色が強いこの作品。
かなり人を選ぶと思います。
というか、ぶっちゃけ、普段のまぁきでは見向きもしない作品でしょう。

でも、この作品は社会派ラノベとでもいうべき作品だと思います。
ということで、以下ネタバレです。



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
こんにちは。まぁ・きねんしすです。
だいぶ暖かくなってきましたね。就活、思うように進んでいません。
正直生活がかなりきつくなってきました。
とりあえず、つなぎとして、アルバイトも考慮に入れないといけないかも。。。

それはそれとして。
電撃文庫4月の新刊、「ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)」を読了しました。

ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)
(2013/04/10)
川原礫

商品詳細を見る


年末に放送終了した、ソードアート・オンライン。
結構はまりました。思わず、PSPのゲームも勝ってしまうほどにw
今回は、〈アンダーワールド〉編の4冊目。いよいよ物語も佳境に入ってきました。
それでは、いつものように、以下ネタバレです。



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

プラモデル製作日記:MS-06R-1A 高機動型ザクII(HGUC)その2

カテゴリ : MS-06R-1A 高機動型ザクⅡ(HGUC)
HGUCのMS-06R-1A 高機動型ザクIIの基本塗装が完了しました。
一応のコンセプトは、ロービジ塗装、と言うことで進めてみました。

で、高機動型ザクIIでロービジ塗装はありか? という根本的なところがすげぇ悩んだ訳なんですが。
HOBBYJAPANから発売されているGUNDAM WEAPONSや電撃ホビーから出てるガンプラモデリングなどに掲載されていた作例に、似たような例がなかったかどうかを調べてみたんですが。

ありました!

HOBBYJAPANから発売されているGUNDAM WEAPONS「マスターグレードモデル“MS-06R”ザクII編」の66ページにMS-06R-1A エリック・マンスフィールド中佐専用機なるイラストが掲載されていたのです!

なるほど~。
古き良き時代に、すでにロービジ塗装の高機動型ザクIIが発表されていたのですね~
かなりマイナーな機体だけに、レア度MAXですw

ちなみに、高機動型ザクIIには、以下の3パターンがあります。
・MS-06R-1(シン・マツナガ専用機が有名)
・MS-06R-1A(黒い三連星が有名)
・MS-06R-2(ジョリー・ライデン専用機が有名)

今回、購入したのは、黒い三連星仕様のMS-06R-1A。
いっそのこと、エリック・マンスフィールド専用機を作成しようかともおもったんですが。
それもどうかなぁ、ということで、カラーパターンをオリジナルに変えてみました。
ちなみに、エリック・マンスフィールド専用機のカラーパターンはコチラ

正面-塗装後
リアビュー-塗装後
上2枚が今回の基本塗装です。
これをベースに、マーキングを施してフィニッシュ、にする予定です。

使用した塗料や工作ポイントなんかは、フィニッシュしたら、ということでひとつw

花咲くいろは HOME SWEET HOME を見てきた!

カテゴリ : 映画/OVA/DVD/Blu-ray
花咲くいろは HOME SWEET HOMEを見てきました!
いやー、すっかり公開されているのを忘れていまして。公開初日に見に行くことが出来なかったんですが。
まあ、平日の午前中ってこともあったせいか、だいたい6割くらいの空席で、かなり空いていました。

個人的に、花咲くいろははかなりツボでして。
TVシリーズはけっこう楽しみにしていました。P.A.WORKSさんの作品をがっつり見たのはこの作品が初めてじゃないかなぁ?
というか、この作品以降のP.A.WORKSさんの作品が結構好きになった、と言った方が正しいかも。
ちょっと前まで放送していたTARI TARIなんかもツボでしたし。
今期あるアニメで言えばRDGレッドデータガールが楽しみです。

で、気になる内容ですが。
TVシリーズでいう17話ぐらいのエピソードになるんでしょうか?
緒花の現在と皐月の過去がオーバーラップしつつも、各キャラクターの見所が詰め込まれた、言いお話だったと思います。
これから見に行こうと思っている涙腺が緩い人たちは、ハンカチ忘れないようにしてくださいね!

というわけで、以下ネタバレです。

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。