Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書レポート:恋物語 (講談社BOX)

カテゴリ : 〈物語〉シリーズ
〈物語〉シリーズ、セカンドシーズン完結編、「恋物語」を読了しました!

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る


来年、傷物語が劇場公開、1月からは偽物語がTVアニメ化と何かと熱が冷めない〈物語〉シリーズですが。
セカンドシーズンもいよいよ最終話。
これまで、物語の進行は

猫物語(白)→羽川翼
傾物語→阿良々木暦
花物語→神原駿河
囮物語→千石撫子
鬼物語→阿良々木暦

という形で、基本的にサブタイトルに冠されたヒロインが行っていました(ヒロインが怪異の場合は阿良々木暦が進行)。
そのため、今作「恋物語」のサブタイトルが「ひたぎエンド」ということで、とうとう戦場ヶ原ひたぎが進行するモノとばかり思っていました。
もっとも、それはまぁきだけではないはず!

ところが、ですよ。
今回の語りはまさかの貝木泥舟!
タイトルから阿良々木と戦場ヶ原のラブラブバカップルぶりを戦場ヶ原目線で楽しめると思っていただけに、

やるな、西尾維新!

ってかんじです。

最も、今までの〈物語〉シリーズを通してみても、いい意味で読者の期待や予想を裏切ってきた作者です。
今回はどういう話なのか、第1章だけでもワクワクドキドキしました。

で、結論から言うと、千石撫子は人間に戻りました、ってことと、貝木泥舟はいい人でしたって事。
なんて言うか、まだ語られていないエピソードもあるだけに、これで完結っていうのもちょっと消化不良気味ではあるんですが、それでもセカンドシーズンラストエピソードとしては満足しました。

と思っていたんですが。
な、なんと。

〈物語〉シリーズ、ファイナルシーズン決定!

ということで。
ファイナルシーズンの刊行がスタートするようです。
セカンドシーズンで出てくるたびにキャラがぶれまくっている余継、どうもラスボスっぽい立ち位置になりつつある忍野扇、そして、〈物語〉シリーズの主人公阿良々木暦、それぞれの名前を冠したファイナルシーズンで、セカンドシーズンで語られなかったエピソードが明かされるのか?

今から以上に楽しみです!

図書レポート:新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉 (電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
電撃文庫12月の新刊、新約 とある魔術の禁書目録 第3巻を読了しました。

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉 (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉 (電撃文庫)
(2011/12/10)
鎌池 和馬

商品詳細を見る


第三次世界大戦完結で、上条当麻が行方不明になったことで一旦完結した「とある魔術の禁書目録」シリーズですが。
「新約 とある魔術の禁書目録」シリーズとして再スタート。
といっても、内容的にはそのまま話が繋がっていますから、第2部スタート、という印象ですが。

で、新訳になってから特徴的なのは、それまで交差するようで交差しなかった、上条、一方通行、浜面の主人公3人組ががっちり手を組んで、魔術と科学、両サイド入り交じった状態で「世界」に暗躍する「何か」と対峙する、という構図になったことと、メインヒロインであるはずのインデックスの出番がほとんどなくなったことくらいでしょうか?w

個人的には「どこまで風呂敷を広げるんだろう」という印象もなきにあらずですが。
それでもおもしろい事には変わりなく。

この先人間関係も含めて、物語がどう推移していくのか、非常に楽しみでありますw

アニメも劇場公開が発表されましたし、しばらくは発刊ペースも安定するだろうし、定期的なオタノシミとしてはとても安心できますね♪

F-14D トムキャット“アイドルマスター 三浦あずさ” リベンジなるか!? ムック本購入

カテゴリ : F-14(ハセガワ1/72)
ハセガワの戦闘機シリーズの中でも異色なシリーズ、ソレがアイドルマスタープロジェクトです。
ご存じ、バンダイナムコゲームスから出ているエースコンバット6のダウンロードコンテンツとして登場する、アイマスのキャラクターがでかでかとマーキングされた戦闘機キット化したシリーズです。

何気なく書店をぶらついていたらつい目にとまってしまい、その場で即買いしてしまいました。

アイドルマスタープロジェクト プラモデルカタログブックアイドルマスタープロジェクト プラモデルカタログブック
(2011/07/07)
モデルグラフィックス編集部

商品詳細を見る


お値段、なんと4400円(本体価格)!

……ホビージャパンや電撃ホビーマガジンの別冊ムック本のほぼ2倍の金額でした。
おいおい、そりゃないでしょ、とか思わないでもなかってですが。

まあ、内容的に満足行けばいいかな、とか思いましたが。
巻末に「1/72 F-14D“アイドルマスター 三浦あずさ”様デカール(パールVer.)」が付属していることがわかり、一気にテンションアップ。
さらに、同機の作り方のポイント(全行程分)の記事が巻頭特集で組まれていました。

この時点で、金額のことは忘れました。
何しろ、F-14大好きなまぁきです。
一度はアズキャットに挑み、このブログでも記事にしたはいいけど結局目も当てられないほど大失敗。
再度挑もうにもキット自体は店頭販売分しか手に入らない状況になりつつあります。

そう。
これはまぁきに「アズキャットのリベンジ」をしろ、という神の意志に違いないっ!

ということで、機会があったら(F-14Dのキットを買ったら、って意味ね)リベンジしてみようと思っています。

図書レポート:聖剣の刀鍛冶 11

カテゴリ : MF文庫J
なんか、モノごっつい久しぶりに出た新刊……確認したところ、約1年ブリ、ということで待ちに待った、という感じがある聖剣の刀鍛冶、最新刊の11巻を購入、読了しました。

聖剣の刀鍛冶  11 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶 11 (MF文庫J)
(2011/11/23)
三浦勇雄

商品詳細を見る


本作は2009年にアニメ化もされています。
私がこの作品を知ったのが、アニメ化される1年ほど前。
当時の新刊の帯にアニメ化決定、と書かれていたのが購入のキッカケでした。
元々D&Dを肇とするTRPGが好きで、その延長でファンタジーモノには目がなく、そのくせ、好みにはうるさいまぁきなのですが。
気になったのはイラストと、「刀鍛冶」がクローズアップされているという今までにない設定でした。
試しに既刊分を購読したら結構おもしろい。
ストーリーやキャラクターが魅力ってのもあるし、設定もよく練られていて飽きない、というのもありましたが。
なんていうか、ウィットに富んだ文章を書く作家さんだなぁ、というのが正直な印象です。

この原作者、三浦勇雄と言いますが。
この方はこの聖剣の刀鍛冶シリーズの前に、「上等。」シリーズという全7巻のシリーズでデビューしているんですね。
コチラは、現代を舞台にしながらも異次元世界(ファンタジーと言うよりSFよりですが)をも巻き込んだラブコメなんですね。
で、すでにウィットに富んだ文章を書いていらっしゃいました。
イラストレーターさんも「上等。」シリーズと同じ方が「聖剣の刀鍛冶」シリーズも書いていますので、とてもなじみやすかったデスね。

クリスマス上等。 (MF文庫J)クリスマス上等。 (MF文庫J)
(2005/10)
三浦 勇雄

商品詳細を見る


この「上等。」シリーズもお薦めです。

で、今巻は聖剣の刀鍛冶シリーズの女性たちにスポットを当てていて、なかなか読み応えがありました。
やっぱり、ウィットに富んだ文章がメリハリをきかせていますよ。
魅力的なキャラも多いし、今後の話の展開を考えると少々鬱になりそうではありますが。
今後が楽しみな作品です。

図書レポート:TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版

カテゴリ : 図書レポート
年末のさし迫ったこの忙しい時期に、ちょっと仕事で信じられない人事が行われ、少々、というか、かなり途方に暮れていたりします。

なんていうか、寝耳に水、という言葉はこういう状況を指すんだなぁ、とか。
思い返してみれば、今回のことはどこかで予感していたかも、とか。
これからどうしよう、というか、どうなるんだろう、とか。
でも、やるしかないんだよなぁ、とか。

いろいろ思うところが多々あり、というかありすぎて、正直まだ、自分の中で消化不良になっています。
腑に落ちないわけではない。覚悟も決めるしかない。納得できない訳じゃない。
でも、先が見えない。

そんな感じです。

とまあ、愚痴はおいておいて。
とりあえず、何かで気を紛らわさないと、明日からの仕事に影響思想だ、ということで。
今回はコチラをご紹介。

TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版
(2011/11/26)
武梨 えり

商品詳細を見る


カーニバルファンタズムの原作でもあるTAKE MOON(テイクムーン)。
その特別版です。

OVAの方は2011年8月20日の記事で紹介しておりますが、原作は未読のままでした。
まあ、Fateのアンソロジーでいくつかは既読だったものもありますが、作品集、と言う形で読破はしていなかったんですね。
で、その原作、というのがコチラ。

TAKE MOON (IDコミックス DNAメディアコミックス)TAKE MOON (IDコミックス DNAメディアコミックス)
(2004/06/25)
武梨 えり

商品詳細を見る


で、今回は過去2冊出ているこの作品集の特別版、ということで、1冊にまとめたモノ+アートワーク+OVA「カーニバルファンタズム EX」が同梱されています。
まあ、ぶっちゃけ、OVAの方で見ている話なわけですが、結構アニメは原作をアレンジしているんだなぁ、というのが正直な感想。
特にオチとかw

まあ、当たり前っちゃー当たり前なのかもしれませんが。

とりあえず、TIPEMOON好きならチェックしておいていいと思います。

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。