Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-14D トムキャット“アイドルマスター 三浦あずさ” 工作編2・塗装準備完了

カテゴリ : F-14(ハセガワ1/72)
あずキャットの工作が一通り終わり、表面処理 → サフ吹きが完了しました。

胴体部表

胴体部裏

今回、可能な限りパテの使用を避けたかったこともあり、パテ埋めが必要だと思われる箇所を先に接着してから各部の工作を行いました。

先に接着した箇所は次の通りです。

・機首部分と胴体上面パーツ、ビーバーテイル上面パーツ
・エアインテークパーツと胴体下面パーツ、ビーバーテイル下面パーツ

従って、エアインテーク内部および可変ランプパーツは胴体下面パーツと接着されたエアインテークパーツに後ハメしたわけですが……
比較的きれいにエアインテークパーツを導体パーツに接着できる代わりに、後ハメにピンセットが必須となり、作業難易度が上がっています。
この方法はオススメできません。パテ埋めが必要でも堅実に工程を処理した方がいいかもしれません。
なにより、この方法だと、エアインテーク内側の塗り分けのためのマスキングが大変なんです。
どうしてもマスキングテープを貼れない箇所はマスキングゾルを使いましたが、いろいろ入り組んでいるので、マスキングゾルを塗るのも貼るのも一苦労でした。

表面処理(サフ吹き)完了
で、上の画像は全部のパーツを処理し終わり、サーフェイサーを吹き終わった状態の画像です。
写真撮影のために書くパーツを仮組みしていますが、当然のことながら接着はしていません。
今回はエアブラシを使ってサフを吹いています。
彫り直したモールドを塗膜で埋めたくなかった、と言うのがその理由。
瓶入りサーフェイサーを3倍程度に希釈しています。

今回、サフを吹いたのには、

1.表面に残ったキズを判別するため。
2.成型色が紫のため、白を吹いたときに成型色に影響されてしまう恐れがあったため。

の2つの理由があります。

1番目の理由は、今回、鏡面仕上げにするため、表面にキズが残っていたら仕上がりに影響してしまうと思われたため、万全を期したかった、ということですね。
2番目の理由はもう、そのままの意味。今回は白塗装を全面に施した後、白いラインデカールを貼る場所をマスキングしてから、機体基本色(紫)で塗装、という手順を考えています。
そのため、下地が紫のまま、というのは都合が輪涙んですね。

エッチングパーツ使用箇所
今回、ファインモールドのエッチングパーツを使用した箇所がここ。
NACA型ダクト後方のガスパージ用スリットです。
うまいこと機体の曲面に合わせてエッチングパーツを接着できたのですが、問題はソコ以外のところに。
まず、エッチングパーツの後方(画像で言う右側)のリベットモールドですが。
ピンを使って打ち直したのですが、リベット用定規を使用せずフリーハンドで行ったため、大きくゆがみましたorz

加えて、モールドを深く彫ったのはいいのですが、若干スジボリが太くなってしまった。
やっぱり、スジボリは苦手です。
機首に限らず、彫り直したスジボリのいくつかは線がゆがんだりして何度か瞬着でスジボリを埋めてから彫り直す、という作業を行っています。

スジボリをきれいに施すいい方法はないモノでしょうかねぇ(^^;
やっぱり数をこなすしかないのかな?

というわけで、次回からいよいよ塗装、およびデカール貼りと相成ります。
はてさて。どうなる事やら……

アニメレビュー:ロウきゅーぶ! 第01話「小学生がやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!」

カテゴリ : ロウきゅーぶ!
いよいよアニメ・ロウきゅーぶ!がスタートしました!
個人的に今年の夏アニメはチェックしているモノが多く、その中でも一番の期待作だけに、本当に待ちに待った、という感じです。

視聴した感じ、ある意味期待通りでよろしかったのでは?
まあ、1話、ということで多少盛り上がりに欠ける部分もあったり、原作にはないシーンを差し込んだりして、どうしてもキャラ紹介的な内容になるのは致し方ないので、そこは割り切っています。

むしろ、うまい具合に原作を消化していて好感が持てましたね。
バスケシーンはよく動くし。

というわけで、まだ未放映のエリアもありますので、視聴済みの方のみ先にお進みくださいませ~♪
(ネタバレあり)



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。