Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VF-11B サンダーボルト 工作編2・塗装準備完了……したと思う

カテゴリ : VF-11(ハセガワ1/72)
今日はむちゃくちゃ暑かったですね。
就職活動で本日、面接に行ってきたんですが。
面接が午後1時。むちゃくちゃ暑いさなかで、紺のスーツが熱を吸収しまくりデス。
行くだけで汗だくになりました。
思わず目眩すら感じるほどの暑さでした。

面接の方は……たぶん好印象。担当の方が近所に住んでいるといる、という話から、30分くらいは雑談になってしまいましたがwww

……今思うと、あの雑談も人柄を見る担当者の思惑だったかもしれませんが(苦笑)

それはともかく。
本日は表面処理を中心に作業を進め、下地塗りの黒塗装まで終わらせました。

今日はここまで(0622)

ちなみに、写真の各所に貼ってあるマスキングテープは、本来ならデカールで再現される黒いラインですが、今回は塗装で再現することにします。

昨日も言いましたが、このキット、すごく作業しやすくて、サクサク作業が進みます。
パーツの合いもいいので、合わせ目処理にパテを使うこともほとんどありませんでした。
突き出しピン跡も目立つところにはほとんどありません。

が、エンジンノズルの裏側だけ、完成後も見えるところにつきだしピン跡がありました。

突き出しピン跡
上の写真のように処理しづらいところに3つも突き出しピン跡があります。
パテで埋めるにしても、ペーパーが入りづらい箇所にあるため、きれいに突き出しピン跡の処理が出来そうもありません。
ので、プラ板でフタをしちゃいます。
型紙取り
で、まずは型取りということで、マスキングテープを該当箇所に貼り、マジックでアウトラインを取ります。

フタ型紙
その後、アウトラインを書き込んだマスキングテープを0.3mmのプラ板に貼り付けます。

フタ切り出し
マスキングテープに書き込んだアウトラインに沿って、プラ板を切り出したところです。
実際に、キットの該当箇所にはめてみて、ペーパーやヤスリ等で微調整しました。

フタ接着
流し込み接着剤で接着したところです。
当然のことですが、突き出しピンが隠れてきれいになりました。
ただ、これだとエンジンノズルとなる脚パーツの角が干渉するので、干渉する場所をヤスリで削ってあげます。
完成後見えなくなるところなので、多少形が変わっても問題ない……と思います。
この辺は完成してみないと何とも言えないので、今からドキドキしているんですが(^^;

さて、いよいよ次からは塗装です。
まだ、細かいパーツ(尾翼や主脚格納庫や前脚格納庫のフタなど)の処理もありますが、パーティングラインの処理くらいしかありませんので、塗装しながら処理をしていくことになると思います。

ということで、今日はこれまで~♪

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

06 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。