Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-14A++スーパートムキャット 工作編1・機首周りを組み立ててみた

カテゴリ : F-14(ハセガワ1/72)
午前中にF-14が届きました!

キットパッケージ

ロービジ仕様のジョリー・ロジャースです。カッコイイですよね~♪

で、中身を確認。ホビーサーチではデカールを確認できなかったので、早速チェック!

デカール

なんでだろう。デカールを見ているだけでドキドキしちゃうYO!
とりあえず、完成系をイメージしつつ、パーツチェック。
以前、ハセガワのF-14を購入したとき、ランナーが2枚、丸ごと入ってなくて、ハセガワに送ってもらった、と言うことがあったので、それ以降パーツチェックをするようにしました。

で、今回、ランナーは全部入っていたんですが、エッチングパーツが1つだけ、かけてました。

……マジで?

ハセガワに問い合わせて送ってもらおうとも思ったのですが、完成したらパイロットシートとパイロットで隠れて見えない箇所だから、ということで、見なかったことにします。
よい子のみんなはまねしちゃダメよ?
以前問い合わせたときは電話での問い合わせでしたが、懇切丁寧に、かつ迅速に対応してくれますので。

で、はやる気持ちを抑えながら、早速組み立てに入ります。
まずは飛行機といえば、コクピットから、ということで、必要なパーツを切り出し、適切な処理を施します。
まあ、ゲート後をペーパーでならす作業ですね。

シート→バスタブ→キャノピーの順番でパーツを切り出し、一気にゲート後をペーパーでならします。
このとき、私は400番をメインに使用します。

バスタブの裏側にはかなり目立つ押し出しピン後があります。
バスタブ裏

このパーツ、後で前脚庫を接着するため、完全に隠れる箇所なんですが、この押し出しピン後が凸状なので、このままだと前脚庫とバスタブの間に隙間が出来、機首にきっちり収まらなくなるんですね。
なので、棒ヤスリでがりがり削り取ります。
その後、前脚庫を組み立て、接着しちゃいます。

また、このキットのキャノピーは中央にパーティングラインが入っていますので、これも処理。
私の場合、パーティングラインをまずデザインナイフで神無が消した後、1000番、2000番の順でペーパーを当てて、その後コンパウンドで磨きます。

キャノピー研磨完了

シートを組み立てる前にエッチングパーツにメタルプライマーを吹き付け、シートとバスタブを塗装している間に、エッチングパーツにつや消しブラックで塗装しちゃいます。
メタルプライマーもつや消しブラックも缶スプレーを使っています。

で、エッチングパーツをバスタブに貼り、その上からデカールを貼りました。

デカール貼り完了

マークセッターでしっかり定着させ、換装したら、いよいよ仮組です。
準備してあった統合軍パイロットを乗せ、パーツの収まり具合を見ます。

機首周り仮組

一応、収まることは収まりますが、操縦席(前席)のパイロットの腕と脚が、ディスプレイに干渉してうまいこと収まりません。
なので、前席パイロットに応急手術を施すことにしました。
前席パイロットの膝から下と両手首をニッパーでカット。どうせ組み上がったら見えないんですから、思い切ってカットしました。
で、再度組み直してみたら今度はきっちり収まりました。

コクピット周り

あとは機首を接着。ノーズコーンにおもりを詰め、これも早々に接着。
で、バルカン砲周辺のパーツを接着しましたが、パーツ自体がバリが多く、バリを切り取って整形すると、パーツがかなりゆがみます。
当然そのまま組み立てると隙間ができます。

機首パテ埋め前

なので、ここはパテで埋めて整形することにします。

機首パテ埋め

加えて、この段階で機首に彫られているディテールを再度彫り直します。
左側はまだ良かったんですが、右側が「うそでしょ!?」と思うくらいにモールドが浅かったんですよ。
半分くらい消えかかっていました。
なので、Pカッターとエッチングノコを使い分けながら慎重に彫り直しました。
ついでに、リベットモールドにもニードルを突き立て、彫り直します。

あとは、塗装がはがれないように、パーツがゆがまないように、慎重に流し込み接着剤で機首パーツを接着しました。

で、現在、以下のようになっています。

今日はここまで(0613)

いろんなサイトや書籍で紹介されている、定番工作ばかりですが、参考になるでしょうか?
とりあえず、今日はここまで~。

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。