Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ始動~ 自己紹介とF-14A++スーパートムキャット 準備編1・F-14とか作るよ

カテゴリ : F-14(ハセガワ1/72)
初めまして~
まぁ・きねんしすと申します。略称はまぁきです。
ネット上ではまぁ・きねんしすよりまぁきで通っています。
以後よろしくです。

で、現在、F-14トムキャット(ハセガワ新1/72)を作成すべく準備中です。
今回初回なので、長いです(^^;

といっても、元々私はガンプラモデラーで、ガンプラばっかり作っていました。
で、マクロスFを見てからはガンダムよりもマクロスにどっぷりはまり、ハセガワのバルキリーシリーズを作ってからは、エアモデルに傾倒していき、そしてついに、架空戦闘機ではなく、現用機に手を出すに至った、というわけですな。

と言うわけで、エアモデラーとしては素人も素人。それでも、今までアカデミー製のF-14を2機作り、ハセガワのF-14を1機作って、だいたいF-14の作る手順やバラバラF-14がいかなるモノかとりあえず把握した上で、本命のF-14をがっつり作ってみようかな、と思った次第だったり。

といっても、先ほど言ったように、元はガンプラモデラーのワタクシ。
当然、今回作るF-14もオレ設定のキャラクター物(といってもアイドルマスターのあずキャットじゃないよ)的な
アプローチを考えてるわけで。。。

で、使用するキットは……実はまだ発売されていなかったりww

1/72 F-14B/D トムキャット”ロービジ”1/72 F-14B/D トムキャット”ロービジ”
(2011/06/11)
ハセガワ

商品詳細を見る


とりあえず、注文済みなので、届くまでいろいろ準備をしよう! てなわけで、いろいろ準備を進めているデスヨ。

で、とりあえずモチベーションを保つために、ハセガワ 1/72 エアクラフト・ウェポンセットからいろいろとアクセサリー類を選別、組み立て、塗装まで仕上げました。

武装とパイロット
画像は携帯で撮ってるので、画素が粗のはご愛敬と言うことで(^^;(画像クリックで拡大)
準備したものは以下の通り。

・AIM-9L/M サイドワインダー×2(エアクラフトウェポンセットⅤ)
・AIM-7M スパロー×1(エアクラフトウェポンセットⅤ)
・AIM-54 フェニックス×1(エアクラフトウェポンセットⅢ)
・GBU-10 ベイブウェイⅡ×2(エアクラフトウェポンセットⅥ)
・GBU-24 ベイブウェイⅢ×2(エアクラフトウェポンセットⅥ)
・AN/A AQ-14 LANTIRN(ターゲッティングポイント)×1(エアクラフトウェポンセットⅦ)
・1/72 パイロット(アメリカパイロット/グランドクルーセット)

はい。ごらんの通り、ボムキャット仕様です。
で、発艦(出撃)直前を、ということで、前脚はランチバーを下げ、フラップはダウン状態、エンジンノズルは全開で、とイメージを固めている最中です。

で、武装は上に書いたとおりですが、スパローとフェニックスのどちらを、ベイブウェイはⅡとⅢのどちらを搭載しようかは現在悩み中。
どっちも2000ポンド級なので、Sta.3と6の2発しか積めないんですね。。。
うーん。悩むねぇ。

ちなみに、LANTIRNですが。説明書にはC339エンジングレー1色ですが、モデルアートプロフィール6(ご存じF-14特集です)の52ページの1番の写真にツートンカラーのLANTIRN装備のF-14が写り込んでいたので、これを再現してみる。

MODEL Art (モデル アート) 増刊 モデルアートプロフィールF-14 2010年 01月号 [雑誌]MODEL Art (モデル アート) 増刊 モデルアートプロフィールF-14 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/12/17)
不明

商品詳細を見る


いやー。でも、このモデルアートプロフィールってすごい本ですね。
見てるだけで、いろいろわくわくしてきます。エアモデラーが実機再現に目くじらたてるのもわかる気がするなー。
ま、私も最初はソコまでこだわらなくても~とか思っていましたが、この本読むと1/72スケールといえども、いろいろ細部まで再現したくなりますなー。

将来的な目的はハセガワ1/48のトムキャットとタミヤ(またはトランペッター製の)1/32トムキャットですかねぇ。
でかいから8畳ワンルームのどこに飾ろうってカンジになりますが。

つーわけで、しばらくはF-14制作日記が続く予定です。
でぁでぁ!

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。