Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書レポート:[囮物語]第乱話 なでこメデューサ

カテゴリ : 〈物語〉シリーズ
昨日、西尾維新の〈物語〉シリーズ最新作、[囮物語]を購入、読了しました。

囮物語 (講談社BOX)囮物語 (講談社BOX)
(2011/06/29)
西尾 維新

商品詳細を見る


講談社BOX文庫の〈物語〉シリーズの詳細はコチラ

劇場版アニメ、西尾維新プロジェクト第3弾「傷物語」がとっても待ち遠しい今日この頃ですが。

セカンドシーズンに入って、「つばさタイガー」「まよいキョンシー」「するがデビル」と続いて第4弾となる「なでこメデューサ」ですが。
今回の語りは撫子(なでこ)です。
まぁき的読後感になりますが、今までの〈物語〉シリーズの中では比較的ダウナー系なのではないかと。
「花物語(するがデビル)」も比較的ダウナー系だったけど、今回はそれに輪をかけているのではないかと。
ある意味、次回以降に続く、って感じですし。
さらに言えば、最終巻「恋物語(ひたぎエンド)」に続く、って感じだし。

ただ、あとがきにて西尾維新本人が書いていますが、「千石撫子がとことん可愛いだけの話」というのもうなずけます。
でもダウナー系w

ということで、以下ネタバレありなので、読了した方だけ先に進んでくださいませ。



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:仮面のメイドガイ14巻

カテゴリ : コミック
いろいろとぶっ飛んだ設定が乱れ飛んだ、仮面のメイドガイの14巻を読了しました。

仮面のメイドガイ 14 (ドラゴンコミックスエイジ あ 1-1-14)仮面のメイドガイ 14 (ドラゴンコミックスエイジ あ 1-1-14)
(2011/09/08)
赤衣 丸歩郎

商品詳細を見る


過去に一度、アニメ化された本作。
井口裕香と小山力也というまぁき的に外せない声優が出演ということで見始めたのですが、これがなかなかぶっ飛んでいて非常におもしろく感じ、原作を読むようになりましたが。
原作はものごっつい読みづらいんですよね。
読みづらいんですが、台詞自体はテンポ良く読めるので、非常に密度が濃いなぁ、という印象です。

で、今回、新キャラ登場なだけでなく、龍玉神社の巫女の意外と可愛い本名発覚、コガラシとの三角関係、そして「お前らいったい何歳だ!」と言わんばかりの回想話など、ボリュームがものすごい。
にもかかわらず、

やっぱり、乳展開か~っ!

いや、そうでなければメイドガイではないんですがw

それにしても若かりし頃のコガラシ、カッコイイですよ。
相変わらずのセクハラっぷりでしたが。

しかし、巻数を重ねるたびに、どんどんお色気路線……というか、成年誌的表現が増えてきたような???

そういえば、今回幸助とフブキさんの出番が全くありませんでしたね。次巻に期待か?w

図書レポート:[鬼物語]第鬼話 しのぶタイム

カテゴリ : 〈物語〉シリーズ
うわぁ~><!
気がついたら一週間も更新できてないジャン!><
っていうか、仕事忙しすぎるんだってorz

なかなか更新できない状態が続いています。
花咲くいろはやロウきゅーぶ!の最終回のレビューもまだだというのに、秋の新番組もスタートし始めましたしね~。
はぁ。。。

という愚痴は置いておいて。
9/30に発売された、西尾維新〈物語〉シリーズの最新作、「鬼物語」を読了しました。

鬼物語 (講談社BOX)鬼物語 (講談社BOX)
(2011/09/29)
西尾 維新

商品詳細を見る

西尾維新アニメプロジェクトとして、時期未定ながら傷物語の上映が決まっていたり、偽物語のTVアニメ化が決まっていたりの〈物語〉シリーズですが。
セカンドシーズンに入ってから、全体的にハッピーエンドにはならない、救いのない話が多いですね。
これまで広げてきた風呂敷をたたみ始めたらこうなりました、みたいな、そんな感じです。

では、以下ネタバレにつき、ご注意を~



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:南国ちゅーばっか!(1)

カテゴリ : コミック
今回ご紹介するのは、こむそう著「南国ちゅーばっか!(1)」です。

南国ちゅーばっか!(1) (KCデラックス)南国ちゅーばっか!(1) (KCデラックス)
(2011/08/05)
こむそう

商品詳細を見る


もともと、微エロ系のマリみての同人誌でその存在を知ったこむそう氏ですが、商業誌でも連載を持っているのを知り、初めて読んだのが、「天然あるみにゅーむ!」という作品。現在3巻まで出ています。

天然あるみにゅーむ! (1) (まんがタイムKRコミックス)天然あるみにゅーむ! (1) (まんがタイムKRコミックス)
(2009/02/26)
こむそう

商品詳細を見る

天然あるみにゅーむ! (2) (まんがタイムKRコミックス)天然あるみにゅーむ! (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/02/27)
こむそう

商品詳細を見る

天然あるみにゅーむ! (3) (まんがタイムKRコミックス)天然あるみにゅーむ! (3) (まんがタイムKRコミックス)
(2011/04/27)
こむそう

商品詳細を見る


で、天然あるみにゅーむ!が4コマメインなんですが、南国ちゅーばっか!の方は基本8ページのショートマンガ。
キャラクターも基本的にこむそう氏のテンプレートともいえるキャラ構成で、どちらかというとアニメ・マンガのパロネタが多めかな?
たぶんなんかのパロディなんだろうけどわからないものも多かったですがw

で、個人的には、天然あるみにゅーむ!の方が好みですかね。
いや、南国ちゅーばっか!もおもしろいんですがw

個人的には氏の描く腹ぺこキャラやツンデレキャラがいい味出してるなぁ、という印象。
おっぱいキャラもなんだかんだで面白ポジションなんですが、天然あるみにゅーむ!に比べるとパンチが弱いかな?

まぁき的には☆2つの評価ってところでしょうか?w

図書レポート:WORKING!!10巻&サーバント×サービス1巻

カテゴリ : コミック
本日の更新4回目~w

ずっとレビューを書こう、書こうと思っていてかけなかった、WORKING!!10巻とサーバント×サービス1巻をご紹介。

WORKING! ! (10) (ヤングガンガンコミックス)WORKING! ! (10) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/09/24)
高津 カリノ

商品詳細を見る

WORKING!!は10月からアニメの2期がスタートしており、本書はその原作となります。
今巻は小鳥遊が伊波を意識したり、山田の家庭問題が浮き彫りになったり、佐藤と八千代の関係に変化が生まれたり、と人間関係的にさらに泥沼進展がありました。

携帯で配信された伊波やなずなの恋愛模様編なども巻末に収録されており、読み応えばっちり、でも次巻が気になる、そういう構成になっていて、早くも11巻が待ち遠しいです。

サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)サーバント×サービス(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/09/24)
高津 カリノ

商品詳細を見る

そして、もう一冊が、同じく高津カリノ先生が増刊ヤングガンガンにて連載をしている、サーバント×サービス。
この作品は高津先生のサイト「うろんなページ」の落書きページでよくネタにもなっていたので、キャラは知っていましたが、どういう話かは全くわからず、それだけに単行本化されるのを首を長くして待っていました。

話的には、。「現代版じゅげむ」の異名を持つほど名前が長い名前を受理した役場職員を探し出して文句を言うため、区役所の仕事を選んだ山神ルーシー(略)と、(上司も含めた)同僚たちによる掛け合いが主体で、いかにも高津先生らしい作品に仕上がっています。

WROKING!!とは一線を画しながらも、その雰囲気はWORKING!!に通じるところも多々あり、安心して楽しめるのが特徴でしょうか?

連載されているのが増刊ヤングガンガンなので、単行本になるペースはおそらく年1かそれ以上(よつばとっ!とほぼ同じペース?)になりそうなんですが、早くも2巻の発売が待ち遠しいです。

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。