Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメレビュー:たまゆら~hitotose~ 第01話「大好きがいっぱいの町、なので」

カテゴリ : たまゆら~hitotose~
10月からの新番組でまぁきが楽しみにしていたのが、本作、「たまゆら~hitotose~」です。

本作は昨年、OVA全2巻発売されています。

たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】たまゆら 第一巻(初回限定生産)【Blu-ray】
(2010/11/26)
竹達彩奈、阿澄佳奈 他

商品詳細を見る

たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】たまゆら 第二巻(初回限定生産)【Blu-ray】
(2010/12/23)
竹達彩奈、阿澄佳奈 他

商品詳細を見る


本作はARIAシリーズを手がけた佐藤順一監督を肇とするスタッフが手がけている、ということで、すでに方向性は決まったようなモノですが。
はやり涙もろいまぁき的には、この作品もきっと、涙なしには居られないだろう、と。
そう思っていましたが。

やはり涙で画面が見えなくなるくらいいい話でしたw

とりあえず、TVシリーズはOVAの直後あたりから話が展開されるようで。
今回の第1話は主人公の沢渡楓(ふう)一家が汐入から舞台となる瀬戸内の竹原に訪れるまでを描いています。
まあ、OVAに至るプロローグ的な、そんな展開です。

ちなみに、今回は細かくレビューするのではなく、ざっくり簡易的にレビューしていきたいと思います。

というわけで、以下ネタバレキャプチャーあり、って事で。



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

アニメレビュー:たまゆら~hitotose~ 第02話「やさしい香りに包まれた日、なので」

カテゴリ : たまゆら~hitotose~
本日3回目の更新w

なんか、週末くらいしか落ち着いて更新できなくなっていますがw
今期の癒しアニメの筆頭、たまゆら~hitotose~ 第2話を視聴しました。

tamayura-002-01.jpg
アバンからほのぼの雰囲気で始まった今回ですが、かおるの両親が竹祭りの準備で帰りが遅く、かつ姉のさよみも帰りが遅くなる、という話を聞いたポッテ(楓のことね)がお泊まり会を企画しました、というお話。

堂郷先生がなかなか面白キャラに仕上がっていますが、ちょっとくどいキャラがほんわかアニメのいいアクセントになっていますw
個人的には、お好み焼き屋の「ほぼろ」店主が中の人(松来未祐)の広島弁がけっこうツボですw

tamayura-002-02.jpg
tamayura-002-03.jpg
tamayura-002-04.jpg
そして、終盤までほんわか雰囲気だったんですが、終盤、まめぐの曲が流れ始めてから、いかにもサトジュン作品らしい流れに。
なんていうかね。ARIAでも使われていた手法なんですが、感じていても口には出せないセリフのオンパレードで、しっとりしんみりとしたキャラの独白がすーっと心に染み渡るというか。
この瞬間、「ああ、癒される」と実感できてしまうのがすごいなぁ、と。

最近、ちょっと仕事面でバタバタしていて精神的に慌ただしいんですが、この作品を見ている間は本当に癒されます。
明日から仕事がんばろう!って素直に思えるアニメってすごいと思うんですが、皆さんはどうでしょうか?

アニメレビュー:たまゆら~hitotose~ 第03話「出現!たたかう女の子、なので」

カテゴリ : たまゆら~hitotose~
やっとたまゆら~hitotose~ 第3話を視聴することが出来ました。
というわけで、早速レビューを。

tamayura-003-01.jpg
今回は秦キャラが登場しました。というか、サブタイトルですでにそれらしいキャラが出てくることを予感させていたのですがw

で、その秦キャラ、篠田こまち(CV:広橋涼)が実にはっちゃけたキャラでして。
のりえと方向性が似ているせいか、のんびりムードが多いこの作品内ではいいアクセントになっているように思います。

tamayura-003-02.jpg
そして、後半はのりえとこまちのスイーツ対決、と相成るわけですが。
パティシエ希望ののりえはともかく、こまちにまともなスイーツを作れるとは思えません。
どうするんだろう、と思っていたら、素適おばあちゃんの素適フォローが入りましたw

ちなみに、この素適おばあちゃんの中の人は、ARIAでグランマを演じていた人だけあって、ものごっつい作品にマッチしていて、心が温かくなります。
のりえがパティシエを目指すキッカケも語られ、話にもキャラクターにもより深みが増してきており、相変わらずサトジュン監督の底力には感服です。

アニメレビュー:たまゆら~hitotose~ 第04話「潮待ち島に聞こえる音、なので」

カテゴリ : たまゆら~hitotose~
最近の忙しさは異常です。
そして、これから先、もっと忙しくなるのも目に見えていて、どうにかしなくてはいけないのも明白で。
なかなかうまいこと事が運びません。どうしたモノか。

……とはいえ、数ヶ月前まで失業状態だった事を考えると、ゼイタクも言ってられないのでしょうが。
今野ご時世、忙しいのはありがたいことだ、と思う気持ちと、えらいところに就職してしまった、という気持ちがない交ぜになって、いろいろ複雑だったりします。

で、そんな時に癒しを与えてくれるアニメ、たまゆら~hitotose~ 第4話を視聴しました。

tamayura-004-01.jpg
さて。作品内では早くも夏休みに突入。
で、どうやら竹原では一人暮らしをしているらしい、麻音の実家である旅館にみんなで遊びに行くよ!というお話です。
相変わらずののんびりムードで話は進むのですが、一足先に実家に帰省している麻音を追いかけるように、ぽって姉弟、かおる、紀江の4人ですが、ぽって姉弟には麻音に逢いに行く、という目的の他にもう一つ、おじいちゃんに逢いに行く、という目的もありました。

で、麻音の実家の旅館に着くと、麻音のご両親の暖かい歓迎があり、両親の手伝いで仲居姿の麻音の姿が。
なんだか、旅館で仲居、というとやっぱり思い出すのは「花咲くいろは」ですが。
どちらかというと旅館と言うよりは民宿といったほうがしっくりくる感じですねw

家の手伝いを希望していた麻音に、せっかく遊びに来てくれた友達と一緒に町を案内してあげなさい、とご両親の言葉が。
結果、いつものメンバーで町探索が始まります。

tamayura-004-02.jpg
で、その町探索で立ち寄った劇場で、なにやら麻音が思わせぶりな行動に。
ソレを見た他の4人は、麻音に何かしらの悩みがあるのでは、と推測。
それはおそらく、将来についてだろう、とあたりをつけます。

tamayura-004-03.jpg
で、その日の夕食後、麻音のご両親にそのことをどう思っているのか直球ストレートに聞き出そうとする紀江。
多少、お節介に過ぎるんじゃ? とか思いましたが、まあソコは友達想い、ということで。
結局、麻音自身まだ模索中だし、ご両親も麻音の好きにしたらいい、と和やかムードに。

相変わらず音楽の使い方が秀逸な作品で、ただ規制した友達の家に遊びに行く、というだけの話なのに、心が温かくなりました。
相変わらずのサトジュンクォリティに安心です。

アニメレビュー:たまゆら~hitotose~ 第05話「ちひろちゃんがきてくれたよ!なので」

カテゴリ : たまゆら~hitotose~
二週遅れで更新になる、たまゆら~hitotose~ 第5話をようやく視聴できました~

tamayura-005-01.jpg
今回はぽって楓の汐入での幼馴染み、ちひろが竹原のぽってを訪ねるお話。
1話以来の登場となるちひろですが。
相変わらず涙す一致が入りやすいようで。

初っぱなから降りる駅を間違えたり、かおるたちともなかなかなじめずおどおどしたりと、引っ込み思案っぷりは相変わらずのご様子。

tamayura-005-02.jpg
そして、なかなかテンションが上がらないちひろに、何とかしてなじんでもらおうといろいろ画策する薫たちでしたが。
最終的には、ちひろの作ったぬいぐるみをキッカケに、4人とも仲良くなっただけではなく、地元の同級生にも声をかけてみる、とちひろ的に一歩前進したよ、というお話でした。

とにかく、たまゆらはARIA同様、普段感じていても恥ずかしくて口に出来ないセリフのオンパレードなだけではなく、そのセリフを耳にすると、どこかほっこりとする、そんな作品で、いかにも最近のサトジュン監督らしい演出が目立ちます。

疲れた心をいやしたい時は、今期はたまゆらにかぎりますなー

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。