Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-15Aイーグル“エアーナショナルガード”制作編0・F-15Aイーグルを買ってみた

カテゴリ : F-15(ハセガワ1/72)
新しい職場に変わって、早2ヶ月が経ちました。
何とか会社の雰囲気に慣れつつあり(慣れるの遅っ!)、休日もある程度の余裕が取れるようになったため、久々にプラモデルを購入。
WORKING!!10巻とサーバント×サービス1巻を購入しに書店へ行ったついでに、書店の真向かいにあるJOSHINに立ち寄りました。

そこで、F-15かF/A-18のどちらかを作ってみようかなー、とか思い至ったわけです。

今まではF-14やバルキリーシリーズばっかり買って作っていたわけですが、さすがにちょっと別のモノを作ってみたくなったわけですな。

で、店内でキットを物色していたわけですが。
結局、金額的にも手頃で、ファーストインプレッションとして作りやすそうだなー、と思ったのが、今回購入したこのキット、と言うわけです。

1/72 F-15Aイーグル エアナショナルガード1/72 F-15Aイーグル エアナショナルガード
(2008/11/25)
ハセガワ

商品詳細を見る

いや、個人的にはデスね。
やまとから発売されている1/60YF-19の試作3号機「バード・オブ・プレイ」試作4号機「ダブル・ナッツ」を再現してみるのもおもしろいかナーとか思ってはいるんですが、せっかくだから1/48で作ってみたいな、と。
そうなるとせっかくだし、エッチングパーツとかも使ってみたいし、そうなると金額的に今は厳しいなヵ、ということになるわけで。

で、金額的にも手頃なF-15を組んでみよう、と思い立ったわけですね。
ちなみに、F/A-18で作ってみたいなー、と思ったキットが店頭になかったため、選択肢からは早々に消えましたw

あ、あと、店頭には「F-14B トムキャット `VF-103 ジョリーロジャース クリスマススペシャル`」がありまして。
こいつも組んでみたいキットではありましたが、今はまだ保留です。

1/72 F-14Bトムキャット VF-103ジョリーロジャース クリスマススペシャル1/72 F-14Bトムキャット VF-103ジョリーロジャース クリスマススペシャル
(2008/12/25)
ハセガワ

商品詳細を見る


で、早速組み立て開始~、と行きたいところですが。
若干足りていない塗料などがあったり、制作のイメージ構築の時間がほしかったりで、まだ組み始めていません。
まあ、就活中の時みたいに制作ペースは落ちますが、ゆっくり記事にしていきたいと思います。

ということで、今日はここまで。

プラモデル製作日記:F-15E ストライクイーグル“アイドルマスター 如月千早” その1

カテゴリ : F-15(ハセガワ1/72)
F-15E ストライクイーグル“アイドルマスター 如月千早”の制作を始めました。
なんでも、このアイマス仕様のF-15Eの愛称は、千早の口癖から「ストライくっ・イーグル」とか言うらしいですが、非常に言いにくいですよね-。
ということで、当ブログでは「ストライクちーぐる」で統一。

んで、今月末(というか6月頭)に新デザインのストライクちーぐるが発売になるとか。

1/72 F-15E ストライクイーグル “アイドルマスター2 如月千早”1/72 F-15E ストライクイーグル “アイドルマスター2 如月千早”
(2012/06/02)
ハセガワ

商品詳細を見る

こちらはすでに予約済みです。

で、その前に、以前購入した、パール仕様デカール版のストライクちーぐるの制作に入りました。

1/72 アイドルマスターシリーズ F-15E ストライクイーグル “アイドルマスター 如月千早” (パール仕様デカール)1/72 アイドルマスターシリーズ F-15E ストライクイーグル “アイドルマスター 如月千早” (パール仕様デカール)
(2012/02/25)
ハセガワ

商品詳細を見る

なんていうか、新デザインのストライクちーぐるを作る前に、何とか購入済みの旧デザインのちーぐるを完成させて、新旧のデザインを並べてみたいナーと思ったからなんですが。

F-15Aイーグル“エアーナショナルガード”で一度F-15は制作済みなんですが。
結局、このF-15A、一通り形になったところで制作挫折したんですね~(ぉ

理由は……なんか形になった時点でテンションが下がってしまって、ほったらかしにw
でもまあ、一度は形にしているので、一応、どういうキットなのかはイメージできています。
ということで、今度こそ最後まで組みます。
まあ、その意志の現れってことで、ブログの記事にしてみたってことで。

《コクピットフロア》
バスタブ
まずは飛行機モデル定番のコクピットから。
その形状からよく「バスタブ(浴槽)」に喩えられるコクピット周りですが。
なるほど、言い得て妙です。

ちなみに、このキット。相当古いキットです。そのため、結構バリが多く、成形だけでも結構な手間。
ただまあ、機首に挟み込んだときのすりあわせさえしっかりしていれば、とりあえずは見られない形にはならないので、ペーパーで削りすぎないことだけに気をつければ何とかなるかと。

《シート》
シート
で、シートです。
F-15は二人乗りですので、2人分。
パーツ数は一人分で4パーツ構成なんですが。シート部分の両側(接着面に当たるところ)に結構目立つパーティングラインが入っています。
しかも、一見するとディテールに見えるような感じで入っているので、しっかりパーティングラインを消さないと、パーツ接着時に大変なことにw
小さくて面倒なんですが、しっかり処理をしましょう。

《コクピットフロア完成》
バスタブ完成
で、処理した後は、バスタブ、シートを塗装して、デカールを貼ります。
この辺はもう指定通りに塗り分けています。
で、できあがったのが上の写真ってワケです。

コンソールパネル
ただ、なんか説明書にあるコンソールパネルのパーツとコンソールパネルに張り込むデカールの形状が一致しないんですよね。
コンソールパネルのパーツは、若干形状、ディテールが違うモノが二種類入っているんですが、これはバリエーションの違いを再現するためだと思われます。
が、デカールの形が説明書で指示されているパーツと形状が合わず、デカールの方が若干大きいんですよ。
特に前席のコンソールパネルがひどい。
とりあえず強引に張り込みました。
1/72ですから、完成後はあまり目立たないですし。キャノピーは完全に接着しちゃうつもりだし。
というわけで、今日はここまで~

プラモデル製作日記:F-15E ストライクイーグル“アイドルマスター 如月千早” その2

カテゴリ : F-15(ハセガワ1/72)
ストライクちーぐる制作2日目~。
昨日完成したコクピットフロアを機首部分で挟み込んで接着。
ついでにクリアパーツのキャノピーを接着しました。

《機首部分》
機首-処理前
キャノピーの枠部分以外をマスキングして、フラットブラックを吹いています。

機首(上)-処理前
機首(下)-処理前
画像ではわかりにくいですが。
スジ彫り部分は合わせ目消しの後のペーパーがけで溝が浅くなってしまったので、エッチングノコで彫り直しています。
本来ならラインチゼルでシャープに彫りたいところですが。
ラインチゼルを持っていないので、ちょっとスジが太くなってしまっているかも、です。
この辺、今後の戦闘機モデル制作のまぁきの課題ですかねー。
テンプレートの直線部分を定規代わりにしていますが、いまいちうまく引けないのも今後の課題(^^;

《主翼部分》
主翼(表)-処理前
F-15の最大の特徴である、主翼パーツ。
裏面を貼り合わせるんですが、一部、実機にはないラインができあがります(下写真のパテを盛ってある箇所)。

主翼(裏)-処理前
ここは後ほど、ペーパーがけをして、仕上げます。

《胴体部分》
胴体部(上)接着前
で、主翼の処理が終わったら、機体胴体の上面パーツと接着。
説明書には胴体パーツの上下を貼り合わせてから、主翼を接着するよう指示されていますが、それだと、機体正面部に隙間が出来ることを、以前F-15を作成したときに確認済みなので、先に上面パーツを主翼と接着しちゃっています。

いろいろ調べたところによると、F-15の機体正面部分は、通称「テニスコート」と呼ばれることもあるそうで。
その広いフラット面が特徴になっているようです。
なので、接着面に隙間が出来るのはあまり都合がいいとは言えないわけで。
そういう理由で先に接着しちゃった訳です。

胴体部(上)接着前裏
機体胴体パーツ(上)の裏面。
インテーク部分を先に塗装しています。
機体色は説明書に合わせて、コバルトブルー+スカイブルーを1:1の比率で混ぜたモノ。

胴体部(下)接着前
胴体部(下)接着前裏
胴体下パーツのインテーク部分も先に塗装を済ませてあります。

胴体部(上)接着
胴体部(下)接着
で、インテーク部分の塗装が完了した導体部分の接着を済ませたところです。
この後、合わせ目を処理して、いよいよ、接着が難しいと言われているコンフォーマルタンクの接着に入りますが……
とりあえず今日はここまで~

プラモデル製作日記:F-15E ストライクイーグル“アイドルマスター 如月千早” その3

カテゴリ : F-15(ハセガワ1/72)
ストライクちーぐる制作3日目~。
コンフォーマルタンクの取り付け、胴体部分と接着しました。

噂では聞いていましたが、このコンフォーマルタンクのパーツ。予想以上に合いません><
先端部分がものすごく薄くて、ゆがんじゃってるんですよ。
なんていうか、成型技術はすごいけど成形しづらいシロモノに、みたいな感じ。

《コンフォーマルタンクの取り付け》
コンフォーマルタンク取り付け
というわけで、コンフォーマルタンクを接着し終わった状態です(ついでに機首部分も接着)。
ガイドもないので位置あわせが大変だし(この辺はもうスジボリをガイドとして考えて接着してます)、
先端部分に関してはもう、成形するついでにモデリングナイフで削ったり、ヤスったり(ペーパーで削りながら成形することね)したりと、すりあわせをしながら、気持ちよく収まるようにして接着しました。

それでも隙間、出来るんですケド……(^^;

コンフォーマルタンク取り付け
コンフォーマルタンク取り付け
コンフォーマルタンク取り付け
ということで、出来た隙間はラッカーパテで埋めてならしてあります。

おかげで、スジボリは彫り直しになるし、機体正面と違ってけっこう曲面が多いから、スジボリ彫り直しもしづらいしで、もう正直泣きそうになりました。

理想を言えば、戦闘機モデルって、サフを吹かずに仕上げたいんですよ、まぁきは。
スジボリをサフで埋めたくないから。
でも、これはもうどうしようもない。瓶入りのサフをエアブラシを使って薄く吹くしかないかなぁ、これは……(^^;
正直、エアブラシでサフ吹きすると、コンプレッサーのエア圧が足りなくてあんまり好きじゃないんですよね-。
まあ、愚痴はこの辺にして。
とりあえず、現状は以下の状態になっています。

胴体部完成
水平尾翼や垂直尾翼、その他細々としたパーツの成形が残っていますが、とりあえず、塗装出来る状態に。

まあ、ここで塗装に入ってもいいんですが、まずは細々としたパーツ類(主脚や前脚、ノズルなど)を先に仕上げちゃおうかなぁ~。

というわけで、次回に続きます。

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。