Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書レポート:泳ぎません。

カテゴリ : MF文庫J
書店で見かけて、表紙を見てちょっと気になった本。それが本書「泳ぎません。」です。
絵柄がパッと見、「変態王子と笑わない猫」のカントク氏と似ていて、ちょっと気になったんですよね。
で、ほんの裏のあらすじを読んで、ちょっと気になったので試しに買ってみた次第。

泳ぎません。 (MF文庫J)泳ぎません。 (MF文庫J)
(2011/09/21)
比嘉智康

商品詳細を見る


泳ぎません。 著/比嘉智康
グラウンドから野球部のランニングの掛け声がきこえてくる。「おーkつ、ぱいおっ、ぱいおっ、ぱいおっ!」……なんで「おっぱい」って叫んで走るの? 綾崎八重はビニールボートの上でボンヤリ考える。ここは学校のプール。他にはストレッチしている茂依子と、ござを敷いて本を読んでいる榛名日唯。たった3人だけの水泳部。別に大会とか目指してないから放課後は毎日こうやってプールでのんびりしている。
「あたしって学校生活の三分の一以上、布きれ一枚で過ごしているんだなぁ……」
徹頭徹尾スク水! でも泳ぎません。すこぶるつきの彼女たちのプールサイド・トーク!


まあ、こんなあらすじなわけで。
特にお色気とか、肌色成分とか、そんなものを期待していたわけではありませんが。
読み終わって思ったことは。

……これ、水泳部での話じゃなくてもいいんじゃね? とか。
……これ、普通に放課後の教室でのガールズトークでいいんじゃね? とか。
……これ、頭から終わりまで、特に何かストーリーがあるって訳じゃないよね? とか。

そんな事でしたw

だからといって、つまらなかったわけではなく。
これはこれで、普通におもしろかったです。おもしろい、と感じるベクトルが普通とは若干違うんですがw
なんていうのかな。
「よつばとっ!」の様に日常をただ淡々と描いているというか。
ソコにある空間を楽しむたぐいのおもしろさというか。

確かに、ツッコミ役の主人公・八重の一人語り、体育会系関西弁キャラの依子、天然不思議系美少女(巨乳)の日唯の3人の掛け合いもおもしろいし、キャラ一人一人もしっかり立っているし、下手したら百合要素も見いだせるかもしれないけど。

そういうところじゃなくて、ただソコにある空気感とか「プールサイド」に限定した舞台とか。
そういうモノを楽しむ、そんな感じのお話に感じました。

本書は全五章に分かれていますが、それぞれが独立した短編としても楽しめる仕様になっているし、頭空っぽにして読める本だと思います。

あとがきによれば、シリーズ化していくような、そんな感じですが。
これ、シリーズ化してもあまり代わり映えしないと思う(苦笑)

とりあえず、可もなく不可もなく。でも、普通におもしろい。
そんな本でした。

図書レポート:聖剣の刀鍛冶 11

カテゴリ : MF文庫J
なんか、モノごっつい久しぶりに出た新刊……確認したところ、約1年ブリ、ということで待ちに待った、という感じがある聖剣の刀鍛冶、最新刊の11巻を購入、読了しました。

聖剣の刀鍛冶  11 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶 11 (MF文庫J)
(2011/11/23)
三浦勇雄

商品詳細を見る


本作は2009年にアニメ化もされています。
私がこの作品を知ったのが、アニメ化される1年ほど前。
当時の新刊の帯にアニメ化決定、と書かれていたのが購入のキッカケでした。
元々D&Dを肇とするTRPGが好きで、その延長でファンタジーモノには目がなく、そのくせ、好みにはうるさいまぁきなのですが。
気になったのはイラストと、「刀鍛冶」がクローズアップされているという今までにない設定でした。
試しに既刊分を購読したら結構おもしろい。
ストーリーやキャラクターが魅力ってのもあるし、設定もよく練られていて飽きない、というのもありましたが。
なんていうか、ウィットに富んだ文章を書く作家さんだなぁ、というのが正直な印象です。

この原作者、三浦勇雄と言いますが。
この方はこの聖剣の刀鍛冶シリーズの前に、「上等。」シリーズという全7巻のシリーズでデビューしているんですね。
コチラは、現代を舞台にしながらも異次元世界(ファンタジーと言うよりSFよりですが)をも巻き込んだラブコメなんですね。
で、すでにウィットに富んだ文章を書いていらっしゃいました。
イラストレーターさんも「上等。」シリーズと同じ方が「聖剣の刀鍛冶」シリーズも書いていますので、とてもなじみやすかったデスね。

クリスマス上等。 (MF文庫J)クリスマス上等。 (MF文庫J)
(2005/10)
三浦 勇雄

商品詳細を見る


この「上等。」シリーズもお薦めです。

で、今巻は聖剣の刀鍛冶シリーズの女性たちにスポットを当てていて、なかなか読み応えがありました。
やっぱり、ウィットに富んだ文章がメリハリをきかせていますよ。
魅力的なキャラも多いし、今後の話の展開を考えると少々鬱になりそうではありますが。
今後が楽しみな作品です。

図書レポート:聖剣の刀鍛冶12 (MF文庫J)

カテゴリ : MF文庫J
とりあえず、生きています。
むっちゃいそが敷くて、最近、肩こりもひどくて、身体も重いし、いろいろしんどいことばっかりですが...orz

まあ、それはそれとして。
聖剣の刀鍛冶の最新刊が発売されましたので、早速購読。
10巻から11巻の間がものすごくあいていたんですが、今回は結構スパンが短かったですね。

聖剣の刀鍛冶12 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶12 (MF文庫J)
(2012/03/22)
三浦勇雄

商品詳細を見る


失明したルーク、街全体に響き渡る求婚をしたセシリー、聖剣の封印の力が弱まり、もう待ったなしの独立交易都市「ハウスマン」と気になるところで終わっていたのですが。
とうとう話はフィナーレに向けて動き出します。

というわけで、以下いつものようにネタバレです。



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:聖剣の刀鍛冶15 (MF文庫J)

カテゴリ : MF文庫J
高軌道型ザクIIをどういじってやろうかと考えながら、仮組が終わったキットを眺めているのですが、だいたいの方向性すら見えてきません。
まあ、ロービジ塗装でせめるのもおもしろいかなぁ? という程度しか見えていません。

ソレはソレとして。
聖剣の刀鍛冶の15巻を読了しました。
聖剣の刀鍛冶15 (MF文庫J)聖剣の刀鍛冶15 (MF文庫J)
(2013/03/22)
三浦 勇雄

商品詳細を見る


本巻は長く続いた聖剣シリーズの最終刊。そう、この巻で完結です。
あとがきを読む限り、番外編があると予想されますが、ソレはソレとして。
長かったシリーズをどう幕引きするのか、とても興味がありました。

ということで、以下ネタバレです。

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。