Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャラリー06:YF-19(ハセガワ 1/48)

カテゴリ : YF-19(1/48)
本日は過去に作ったキットの中から、ハセガワ マクロスプラスシリーズより、1/48 YF-19のご紹介~♪

2009年9月に発売された本キットは、ハセガワから久々に発売された完全新作、しかも1/48ということで、かなりの期待作でした。
組みやすさを前面に押し出したこのキットは、後の1/48VF-1、VF-11のブロック単位での制作が視野に入れられて今した。
パーツ割り事態は1/72のYF-19(およびバリエーションキット)と大きな差異はないモノの、その組みやすさ、精度は1/72のそれとは大きく異なる、魅力的なキットでした。

まぁき的には、ちょうどガンプラからエアモデルに転向するカトキハジメにあった頃で、まだガンプラ的手法が抜けきらず、必要以上にモールドを削ってしまい、スジボリを彫り直したり、ということを多々行っています(^^;
エアモデルの塗装方法もよくわからず、基本塗装→ウォッシングによるスミ入れ→デカール貼り、という手順で仕上げました。

まぁき的満足度は80%、といった感じです。


YF-19 
(新地球統合軍・惑星エデンニューエドワード基地所属
 イサム・アルヴァ・ダイソン中尉機)


西暦2040年、地球から10数光年隔てた惑星エデンにおいて、次期全領域可変戦闘機(AVF)の競争試作開発がおこなわれていた。そのプロジェクト「スーパーノヴァ計画」において新星インダストリー社が提示した試作器がこのYF-19である。テストパイロットは統合宇宙軍イサム・ダイソン中尉。ライバル機となるゼネラルギャラクシー社のYF-21とともに試作テストを繰り返していた。

現行の正式採用機VF-11の設計を発展させつつ、前進翼を採用して大気圏内での運動性を追求した機体で、アクティブ・ステルスやピンポイントバリアシステム、単独フォールド機能といった従来のVFとは一線を画す機能を有している。熟成した技術に基づいた過激な設計によって、並のパイロットには扱いきれない運動性能を誇った。可変式の前進翼とカナード翼を採用したファイター形態は、特に大気圏内での運動性に優れる。高速飛行時には主翼を後方に折りたたむことも可能。

機首には気圧制御ガスの噴出ノズルを備える。機首左右には複合センサー。ノズルは2次元スラストベクタードノズルで上下への推力偏向機能を有する。YF-19において技術的ブレイクスルーを果たしたAVFとしての意義は大きく、同時に有人可変戦闘機の限界に挑んだ設計思想は後年のVF開発に多大な影響を与えた。
(以上、取扱説明書より抜粋)


YF-19_1/48

基本塗装はインストに従って、C318レドーム(50%)+C1ホワイト(50%)で塗装しましたが、ちょっと色味が小粋がしたので、その上から、基本色+C1ホワイトを加えて明度を上げました。
加えて、垂直尾翼および黒いラインはデカールではなく、C33つや消しブラックで塗装で表現しました。

現在では、一部塗装済みの専用のエッチングパーツも発売されていますが、私がこのキットを購入したときにはまだ発売されていませんでしたので、エッチングパーツは未使用です。
いずれ、エッチングパーツを用いてリチャレンジしてみたいキットではあります。

5面図
前面

左側面

後面

右側面

下面

各部アップ
機首アップ

インテーク.

エアインテーク

エンジンノズル

カナードアップ

コクピットアップ

頭部

前進翼

前脚周り

主脚周り

機体下面アップ


機体情報
YF-19(ファイター時)
設計・製造
:新星インダストリー
全長:18.62m
全幅:14.87m(主翼展開時)
全高:3.94m(主脚含まず)
空虚重量:8,750kg(YF-19)
エンジン:(主機)新星/P&W/RR熱核バーストタービン×2,FF2200(YF-19初期型),FF2500E(YF-19),(副機)P&W高機動バーニアスラスター,HMM-6J(YF-19)
エンジン推力:56,500kg×2(YF-19初期型),67,500kg×2(YF-19)(宇宙空間瞬間最大推力)
最高速度:(高度10,000m)M5.1+,(高度30,000m以上)M21.0+(ノーマル仕様のまま衛星軌道上に進出可能)
乗員:2名
攻撃兵装:マウラーREB-30G 対空レーザー砲,マウラーREB-23 半固定レーザー機銃×2(腰部装備),ハワードGU-15 ガンポッド×1,マイクロミサイルパレット×2(内装式標準兵装、他の兵装パックに交換可能)
防御兵装:防弾シールド×1(左腕に装備),ハワードPBS-03F ピンポイントバリアシステム(YF-19),アクティブステルスシステム一式
選択装備:専用スーパーパーツ,フォールドブースター

キット情報
1/48 MC01 YF-19 マクロスプラス1/48 MC01 YF-19 マクロスプラス
(2009/10/01)
ハセガワ

商品詳細を見る

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。