Entries

スポンサーサイト

カテゴリ : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書レポート:ロウきゅーぶ!8巻(電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
今日も暑いですね-。
7月の第1週を過ぎたばかりだというのに、夏真っ盛りといった感じです。

そんな暑い夏日が続くこのときに、今、まぁき内で一番ホットな作品、ロウきゅーぶ!の新刊が本日流通、ということで、早速読みました。

新キャラ続出となった今巻。いや、ストーリーの緩急も含めて、満足な展開でした。

ロウきゅーぶ! 8 (電撃文庫 あ 28-8)ロウきゅーぶ! 8 (電撃文庫 あ 28-8)
(2011/07/08)
蒼山 サグ

商品詳細を見る


ってことで、以下、ネタバレ含みますので、読了した方のみどうぞ~



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:狼と香辛料XVII Epilogue(電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
今日は、2度、アニメ化されたライトノベル、「狼と香辛料XVII Epilogue」のご紹介~♪
この本を読み始めたキッカケは、アニメを見て、単純におもしろい、と感じたから。
基本的に、ファンタジーモノは好きだし(何しろ、中学生の頃からTRPGのD&Dにはまっていた人ですから)、アニメのキャラデザインが黒田和也氏だった、というのも大きい(2期からキャラデザが変わりましたが)。

話の骨子も、基本的には会話劇、というのも興味深かったのを覚えています。
なんというか、普通のファンタジーモノとは趣が違うのに、「この世界観でTRPGで遊んだらおもしろいかも」と思わせる背景世界も魅力的でしたね。

というわけで、アニメを4話くらいまで見てから、その時点まで出ていた既刊本を大人買いして、一気に読破してからは、ずっと追い続けてきた作品です。

狼と香辛料 17 (電撃文庫 は 8-17)狼と香辛料 17 (電撃文庫 は 8-17)
(2011/07/08)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


というわけで、以下、いつものようにネタバレ含みますので、読了した方のみどうぞ~♪



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:Let it BEE!(電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
電撃文庫の8月の新刊が発売されました。
今月、まぁきが購入したのは「新訳 とある魔術の禁書目録2」「帰宅部のエースくん2」「ゴールデンタイム3 仮面舞踏会」「Let it BEE!」の4冊。
新作「Let it BEE!」以外はシリーズ物です。

一応、全部読了しました。
今回はその中で、新作の「Let it BEE!」のレポートを。

Let it BEE! (電撃文庫)Let it BEE! (電撃文庫)
(2011/08/10)
末羽 瑛

商品詳細を見る


他の3冊のレポートはまた今度、と言うことで、以下、ネタバレ含みます~



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:帰宅部のエースくん。(2)(電撃文庫)

カテゴリ : 電撃文庫
本日2回目の更新は、電撃文庫8月の新刊、「帰宅部のエースくん。」の2巻です。

帰宅部のエースくん。〈2〉 (電撃文庫)帰宅部のエースくん。〈2〉 (電撃文庫)
(2011/08/10)
ハセガワ ケイスケ

商品詳細を見る


方向性は全然違いますが、ある意味、電撃文庫版「涼宮ハルヒの憂鬱」を彷彿とさせる感じだと、まぁきは思います。
一応、ラブコメを謳っていますが、ラブ要素があまり感じられない不思議w

帰宅部でエース、という相成れない単語に興味を持った本作ですが。
1巻を読んだ感想としては、「可もなく不可もなく」という印象でした。
それでも、何となく続きを読んでみた、という感じの作品です。

と言うわけで、以下、ネタバレです。



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

図書レポート:ガブリエラ戦記 III 白兎騎士団の犠牲

カテゴリ : ファミ通文庫
鋼鉄の白兎騎士団(はがねのしろうさぎ)シリーズ最新刊、「ガブリエラ戦記 III 白兎騎士団の犠牲」を読了しました。

ガブリエラ戦記III 白兎騎士団の犠牲 (ファミ通文庫)ガブリエラ戦記III 白兎騎士団の犠牲 (ファミ通文庫)
(2011/08/29)
舞阪 洸

商品詳細を見る


このシリーズは主人公のガブリエラが入団してから騎士団長になるまでの既刊を描いた「鋼鉄の白兎騎士団(はがねのしろうさぎ)」が全10巻、いろんなキャラクターをクローズアップした短編集の外伝「鋼鉄の黒兎騎士団(はがねのくろうさぎ)」が全1巻、そして、ガブリエラが騎士団長になってからのストーリーを描く、「ガブリエラ戦記」シリーズが既刊3巻が発売中です。

元々、書店で「ガブリエラ戦記」というタイトルに惹かれて、読み始めたこのシリーズですが。
独特の世界観や設定、読みやすさ、ストーリー展開、キャラクター、いずれもファンタジーには厳しい目で見るまぁきをそこそこ満足させてくれる作品です。
まあ、こんな書き方をすると、お前何様だよ、とか言われてしまいますがw

ちなみに、「鋼鉄の白兎騎士団」シリーズと「ガブリエラ戦記」シリーズとでは挿絵のイラストレーターが変わっていますが、まぁき的には特に違和感はないかと。
人によって好みが分かれる絵柄なので、あくまでまぁき的には、ですが。

ただ、この作品は人名や地名などの固有名詞が非常に読みづらい、というか覚えづらいのが特徴で。
もうちょっとありきたりでもいいから覚えやすい固有名詞だともっと良かったと思うんですが。

それはそれとして。
今回はガブリエラと副団長のレフレンシアとの百合展開があったり、敵軍を率いるアリアンレイのお茶目なところが見られたりと、メリハリがきいていておもしろかったと思います。

この話がいずれ、「鋼鉄の白兎騎士団」の1巻のプロローグにどう繋がっていくのか、と言うのも楽しみですし。
後書きに寄れば、ソコに至る道筋も見えてきた、とのことなので、ソコも楽しみではあります。
次巻が楽しみです。

Appendix

プロフィール

まぁ・きねんしす(まぁき)

Author:まぁ・きねんしす(まぁき)
名古屋=>静岡市清水区在住のアラフォー男。
これまでの人生において、ギャグマンガのワンシーンのような状況に何度も遭遇。
まぁきが話をすると、なぜかいつもオチを期待されてしまうのが悩みのタネだったりします。
「ブランデーやロックが似合う酒豪に見える」とはまぁきを知る誰もが一度は言うが、実は下戸。
こんな所もまんが的人生。

最新記事

検索フォーム

カテゴリー別リンク

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

記事カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。